ライブサンセンビボウロク

めもがわり 2009年1月~のライブ参戦備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2/22 ASIAN KUNG-FU GENERATION 『BEST HIT AKG』@日本武道館

仕事帰りに参戦したアジカンのベストツアー。ベストツアーってことでベストな内容になるんだよな!ってことで平日開催、さらにその日に名古屋に前泊しに行かないといけないっていう過酷な条件の中参戦。平日参戦は今までよくやってきたけどケツカッチンな状態で行くのは初めてだったな。

会場は日本武道館。しかもアリーナはスタンディング、とくればスタンディング取るしかねーだろwというわけでオクでスタンディングの席を落札。定価の倍以上とかマジで高かったんだよなあ。

仕事を定時で切り上げてとりあえず東京駅へ。まずは名古屋行き終電の新幹線の指定席を確保してからトイレに行って軽く着替えてコインロッカーへ。前泊用の重たい荷物を全部預けて身軽な格好で東西線で武道館に直行。
そんな感じで着いたら開演30分前!余裕すぎてあくびが出るなwというわけでグッズを買いに行ってTシャツとタオルを購入。ちょうどタオル持ってくるの忘れたしね。

1階アリーナ-B1ブロック-50番くらい
いわゆるブロックスタンディングってやつで、BブロックはAブロックの後ろで結構後ろ目だった。なんだよこのブロックならモッシュもないから着替えてくる必要なかったじゃん…と後悔しても遅いわけで。ブロックとしてはかなり広くてスペースもあったから最悪荷物そのまま持ってきても邪魔にならないレベル。俺の努力は何だったんだよ><B1は左サイドの後ろの方のブロックでしたよと。

本当に19時定刻通り開演。退場しなきゃいけない時間が決まってたからこれは助かった。

【セットリスト】
01.迷子犬と雨のビート
02.Re:Re
03.アンダースタンド
04.君の街まで
05.夜のコール
06.アフターダーク
07.或る街の群青
08.ブラックアウト
09.真冬のダンス
10.ムスタング
11.ソラニン
12.マーチングバンド
13.惑星
14.融雪
15.藤沢ルーザー
16.リライト
17.ループ&ループ
18.君という花
19.さよならロストジェネレイション
20.海岸通り

EC1.踵で愛を打ち鳴らせ
EC2.転がる岩、君に朝が降る
EC3.ワールド ワールド ワールド
EC4.新しい世界

EC5.曲名不明
EC6.新世紀のラブソング

【感想】
ベストツアーなだけにシングル中心で来るんだろうなーと思ってたらアルバム曲連発でビビった。
これベスト盤だけ聴いてきた人はなかなか厳しいな、とかw

セットは何やらブラウン管のテレビがいっぱい…と思ったら捨てられてたテレビを再利用しているんだとか。しかも動力は太陽光発電だそうで。エコだねー。

今回はちょっと時間内から1曲ごとは無理。ポイントだけ書くことに。

01.迷子犬と雨のビート
⇒1曲目迷子犬とは想像すらしてなかったwシングルの中でも割と存在感薄い曲だと思うんだけど…

02.Re:Re
03.アンダースタンド
⇒この辺の人気アルバム曲連発は序盤からしびれた。マジで来てよかったと思ったな。

05.夜のコール
⇒実はこの曲だけわからなかった。まさかベストツアーに来て知らない曲を披露されるとは…w

08.ブラックアウト
⇒この曲好きだからやってくれて嬉しかった。カラオケでも良く歌うけどサビが2段あるようなチート曲。

09.真冬のダンス
⇒この曲のあとでゴッチがMCで浪人時代に東京に上京してきて雪が降った景色を歌った曲です、と解説してた。ゴッチの中でも個人的ベスト盤を作るとしたら必ず入れたい曲らしい。

10.ムスタング
⇒この日のムスタングは超絶名曲に聴こえた。前に聴いたときはそんなに感じなかったんだけどな。ギターリフがやたらめったら強調されててこれは良し悪しだと思うんだけど。

12.マーチングバンド
⇒おいおいドラム力強すぎだろ、っていうくらいドラムドラムしてた最新シングル。やっぱ生って良いな。

13.惑星
⇒この日一番を決めるとしたらこの曲になるかな。もともとカッコいい曲だったけど、間奏のところでナチュラルにメンバー各自のソロも交えてめちゃかっこいいバージョンになってた。照明も飛び交ってていかしてたし。

15.藤沢ルーザー
⇒やっぱりこれがシングルだったってのが信じられないwアルバムの1曲ならまあ、って感じだけども。

16.リライト
17.ループ&ループ
18.君という花
⇒新参ホイホイありがとうございまーすw初めてアジカンツアーに入った時もこの3連チャンだったな。もちろん大盛り上がりですよ、ええ。ラッセーラッセーも相当揃ってたし。

19.さよならロストジェネレイション
⇒盛り上がった空気をなだめるようにこの曲。序盤は原発なんかいらねーよ、みたいな歌詞で歌って本編に。なんだかんだでマジックディスクの曲結構好きになってきたなあ。最初は嫌ってたのに。

20.海岸通り
⇒本編ラストはこの曲。渋いところだなー、って印象。相変わらず楽器の音を残しながら一旦退場。この時点で時計の針は20時50分。よしあと30分は見れる!

EC1.踵で愛を打ち鳴らせ
⇒アンコール明け1曲目は新曲。これまたドラムドラムしてるカッコいい曲だった。

EC2.転がる岩、君に朝が降る
EC3.ワールド ワールド ワールド
EC4.新しい世界
⇒ロックンロールは毎回恒例な感じだよね。ワールド×3からの新しい世界で締める流れは結構目新しかった。この辺の流れもそうだけど、このセトリはやたらワールドワールドワールドがフィーチャーされたセトリだな、と感じたな。あのアルバムの主要曲全部やった感じだし。
これで最初のアンコールがおしまい。時計の針は21時10分、微妙なところだったけどダブルアンコールまで見てたら九段下までの渋滞にも巻き込まれるし間に合わないと判断、出ることに。

EC5.曲名不明
EC6.新世紀のラブソング
⇒武道館の出口付近で少しだけ聴いてた。EC5のやつは何の曲なのかわからない。オーラスは新世紀のラブソング。とりあえずこれのイントロだけ聴いて会場を出た。
どうやら幕張ではここの2曲でフラッシュバック+未来の破片をやったらしいwある意味武道館でやってくれなくて良かった…そのコンビだったら引き返して参加しちゃうよw

結局会場を出たのは21:20。東京駅に21:35に着いて終電(22:00)に余裕で間に合って一件落着。アンコールくらいから時間気にしすぎて集中できなかったなあ…やっぱり前泊の日にライブに行くのは無茶かもしれないな。

しかしベスト盤のツアーなんだからもっと全国各地何公演もやれば良いのにね…そうすればもうちょっと余裕ある日程で行ったんだけどなw
スポンサーサイト
別窓 | ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2/26 ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Tour 2010-2011「VIBRATION OF THE MUSIC」』@Zepp Nagoya

何だかんだでこのツアー3回目の参戦。どんだけだよw
前回楽しかったってのもあったけど、今回はちょうど、ちょうど名古屋出張と重なったこともあって行こうと思ってた。

行こうと思ってたんだけど…ヤフオクでチケを取るの忘れるという失態。
刀剣とかZepp Tokyoだと1枚も出てなかったし完全に諦めモードで名古屋へ。

仕事が5時くらいに終わってちょうど帰り道だし会場推しだけしてみるかと思って会場のZepp Nagoyaへ…あれ?刀剣売り場開いてますけど?ってなわけで急遽刀剣にて参戦したのでした。
当然何の準備もしてなくてタオルはもちろん着替えすら持って来なかった。
しかも仕事で来てるから服装は当然スーツなわけで。まあ前の方に行かなければいいんだけど…

1階スタンディング-整理番号1811番
スタンディングに整理番号なんて関係ねえ!刀剣だろうがヤフオクで2桁番台落とそうが行きつくところは同じなんだから^^ってなわけでまた前方にもまれに行ってしまった。でもモッシュは東京の時の方が全然きつかったな。

【セットリスト】
1.新世紀のラブソング
2.マジックディスク
3.迷子犬と雨のビート
4.ブラックアウト
5.ブルートレイン
6.ムスタング
7.架空生物のブルース
8.月光
9.ライジングサン
10.オールライトパート2(新曲)
11.ラストダンスは悲しみに乗せて
12.稲村ヶ崎ジェーン
13.ワールドアパート
14.イエス
15.センスレス
16.アンダースタンド
17.ソラニン

~en1~
18.リライト
19.さよならロストジェネレイション
20.転がる岩、君に朝が降る

~en2~
21.君という花

【感想】
1.新世紀のラブソング
2.マジックディスク
3.迷子犬と雨のビート
⇒このあたりは毎度おなじみの流れ。新世紀のラブソングの暗転でいきなり圧縮あるかと思ったら全然起きなくて焦った。東京ではここで一気に圧縮だったのに。結局マジックディスクで圧縮スタートして最前ブロックまで無事到達出来た。

4.ブラックアウト
⇒初期の曲で結構な人気曲。なんかのCMソングだったイメージが強い。イントロが流れた瞬間に大歓声。久々にやったらしくて大盛り上がりで前方大変なことになってた。サビ一緒に合唱すると気持ちいいね^^

5.ブルートレイン
⇒またかw俺が行く回必ず入ってるんだよなw今回は掛け合いの間にタメがあってそれが結構長かった。

6.ムスタング
⇒うむ…聴いたことはあったけど曲名がさっぱり分からなかった曲。ガリレオガリレイの歌って覚えてたようなwここで一気にクールダウン。

7.架空生物のブルース
8.月光
9.ライジングサン
⇒もはやお馴染の流れになってしまった。隣の若い連中が曲中に小声で喋り出してうざかったり。月光のドラムが超強力だったのが印象的。ライジングサンはなんか徐々に好きになってきた気がする。

10.オールライトパート2(新曲)
⇒聴くの2回目だけども…やっぱり微妙にしか聞こえない。

11.ラストダンスは悲しみに乗せて
⇒やはり一気に盛り上がるね。新曲が微妙に乗りづらい分反動もあるんだろうけど。

12.稲村ヶ崎ジェーン
⇒どこかで聴いたことあるけど曲名がわからない曲パート2。このアルバム一番ちゃんと聴いてないんだよな…

13.ワールドアパート
⇒おおおなんてファンクラブ祭りwこの曲も久々だとかなんとか。この曲のシャウトも難しそうだなw

14.イエス
⇒盛り上がるような盛り上がらないような不思議な曲。この曲が来るとここから後半戦か、と思う。

15.センスレス
⇒おおこのイントロは!またしてもファンクラブからかwこの曲の展開はおもしろくて結構好きなんだよね。

16.アンダースタンド
⇒ついに本編でアンスタきたわぁ!フィードバックファイルに入ってるみたいな前奏ヲイヲイやりたかったのに手拍子なのが残念だけどwそれあんだすたああああああああああああああああん!

17.ソラニン
⇒この流れでリライト来たらヤバいな、と思ったけどここはソラニンで終了。ソラニンはアンコールのイメージだったら少し意外だった。

~en1~
18.リライト
⇒アンコール明けは軽くMC。名古屋ってことで手羽先トークをしてた。手羽先はいっぱい食べたことあるけど手羽元ってあんまりないよね、これバランス悪くね?って話をしてたwそんな流れで「手羽先と言う曲をやります」と言って始まったリライト。アンコ明け1発目にこれはいきなりテンション上げないといけないからキツイwこの曲だけはみんな前奏で全力ヲイヲイなんだよね。とりあえずいつも通りサビ絶叫しておいたw

リライト終わった後にも軽くMC。この手羽先という曲ですがヒットする予感がしますとか言って思い出話を始めた。「遥か彼方」に続いて2曲目のアニメタイアップで、アニメバンドみたいに言われるのが嫌だから当初は断ろうとしていたと。でも当時の担当者に「アニメタイアップだと世界中の人が聞いてくれますよ」と言われてタイアップ承諾したんだとか。その結果アメリカでアニメ主題歌として大賞をもらって、ホントに世界中の人が聴いてくれてるんだとか。アニメの力って凄いんだよなあ…

19.さよならロストジェネレイション
⇒そんなMCの後でお馴染のこの曲。客層見てると俺より若い大学生あたりが中心だけどこの歌詞に共感できるのかな、と少し思った。

20.転がる岩、君に朝が降る
⇒個々の流れはZepp Tokyoと同じ。この曲こうやってラストに持ってくることが多いのかな。音鳴らしながら掃けていくのも同じだった。

~en2~
21.君という花
⇒まあ今日はダブアンないよな、と思ってたけど追い出しアナウンスが流れない…まさか?と思ったら照明点灯!もう1曲だけやって帰ります、と言ってこの曲を。いやーたまらんね。イントロから小ジャンプしまくりで間奏はラッセーラッセーまでちゃんとやってきた。ラッセーはメロンの運命思い出すな。

以上、結局汗かきまくりの2時間でしたw
セトリ的にはこれまでの3回のうち今回が一番当たりなんじゃなかろうか、と。
やっぱり楽しいなあ。多分これで今回のツアーはもう行かないんだろうけど、このツアー参戦したことで確実にアジカンが前より好きになったなあ。やっぱり現場の魔力は偉大だなと。
東京までの帰りは濡れたTシャツを脱いで裸にYシャツとスーツっていう冬にはあるまじき寒い格好で帰りましたよと。今度からはチケ持ってなくても一応着替えだけは1枚持っていくことにしよう…
別窓 | ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

1/29 ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Tour 2010-2011「VIBRATION OF THE MUSIC」』@Zepp Tokyo

このツアー2度目の参戦。今回は会社の同僚と。こういうロック系のスタンディングは初めてってことで楽しみにしてたっぽい。今回の目標は前方に行って盛り上がることw前回の新木場は仕事帰り参戦で着替えも持ってなかったからなあ。。。あとは前回聞けなかった曲たちをどんだけ聴けるかな、ってところかな。

整理番号2465番
超糞番号wもうほんとに最後尾に近い感じだよねこれwまあスタンディングの整理番号なんて序盤数百番以降は関係ないみたいなもんなんだけどね…っていうかZeppって本気出せば相当入るんだな。次のBuonoも横ブリじゃなくてこっち使えばいいのに。
客層は今回は社会人風の人が多かった。前回は平日だったから学生ばっかな気がしたけど流石土曜日。男女比は半々?むしろ男が多いくらいかも。実はバンド系でこれは結構珍しいのかな。

ロッカーやらドリンク交換やらいろいろやってたら開演10分前に。何気にスタンディングって忙しいんだよね。場所取りは最初はいつも通り右サイドの一番前の扉あたりで待機。

【セットリスト】
1.新世紀のラブソング
2.マジックディスク
3.迷子犬と雨のビート
4.ブルートレイン
5.無限グライダー
6.架空生物のブルース
7.月光
8.ライジングサン
9.双子葉
10.オールライトパート2(新曲)
11.ラストダンスは悲しみに乗せて
12.マイクロフォン
13.イエス
14.リライト
15.君という花
16.さよならロストジェネレイション
17.転がる岩、君に朝が降る

~en1~
18.惑星
19.ソラニン
20.タイトロープ

~en2~
21.アンダースタンド

【感想】
今回も1曲ごとに書くぜ!

1.新世紀のラブソング
⇒何の前触れもなくいきなり暗転してこの曲のイントロが。暗転した瞬間前方に圧縮が始まったから一気に中央に移動!ケンさんの目の前2ブロック目中盤あたりまで来れた。同僚完全に置いてきぼりにしちゃったけどwまあ始まっちゃえばなんとかなるでしょwこの曲現場で聴くと凄く重みがあっていいと思う。

2.マジックディスク
⇒一気にヒートアップ!そしてモッシュ開始!ウォーーー!って叫ぶところ一緒にやるとマジ快感。

3.迷子犬と雨のビート
⇒ここまでは固定なんだろうね。例によって手拍子で聴く曲。狭くて手拍子すらままならないわけですがw

4.ブルートレイン
⇒さて…4曲目何来るかと思ってたら前にも聴いたベースとギターの掛け合いが!これは前回もすげー良かったから今回も聴けて良かったかも。やっぱこの曲はこの掛け合いに尽きるね。

5.無限グライダー
⇒またこれかw前にも書いたけど実はそんなに好きじゃない曲。でも現場で聴くと良いなって。これは何と言っても間奏のギターソロの入り方が凄く好き。あとAメロ付近のドラムね。やっぱこうやって現場で聴くと印象変わるもんだよね。

6.架空生物のブルース
⇒軽くMCやった後にこの曲。しっとり聴く曲でやたらギターリフが耳に残る。

7.月光
⇒イントロで歓声が上がった曲。懐かしい曲だけど前も聴いたぞこれw

8.ライジングサン
⇒この曲いつも曲名忘れるんだよね…割と好きな曲なんだけど。終わりに向かってどんどん盛りあがって行く感じがたまらん。1回目2回目3回目とサビはそんなに変わらないんだけどその前の持って行き方の違いでサビの力強さが違って聞こえるんだよね。

9.双子葉
⇒MCやった後でケンさんの曲紹介でそうしよう!新木場の時よりちゃんと曲紹介で盛り上がってたw1番Aメロのギターが良かった…ってえらくピンポイントだな。

10.オールライトパート2(新曲)
⇒新曲やります!とこの曲。おーらいおーらい!の所がやたら頭に残る。最近のアジカンの曲だな、って感じだな。今のところ可もなく不可もなく。

11.ラストダンスは悲しみに乗せて
⇒マジックディスクの中で一番ポップなこの曲。やっぱり一番聴きやすい。

12.マイクロフォン
⇒実は結構こういう曲好きだったりしてwどこが、っていうわけじゃないんだけど雰囲気かな。前回やってくれなかったから今回が現場で初聴。キーボードがやたら目立つね。

13.イエス
⇒ここから後半戦?なのかな。前回もこの曲から盛り上がり始めた印象。でもなんか乗りにくい曲だなあと。

14.リライト
⇒きたああああああ!とイントロだけで会場が一気にヒートアップ!流石だなw普通に聴くだけでテンション上がるのにライブだとなおさらだよねwイントロはヲイヲイ煽り。いやーたまらんすなあこの感じ。サビは周りが歌ってたから俺も全力で歌ってやった。消してええええええええええええええ!!余談だけどこの曲のアウトロ超好きなんだよね。

15.君という花
⇒これまたたまらんねえ。このコンボは新木場の時と同じ。つまりただっそれ♪のとこは繰り返して合唱していいのかどうなのかよくわからんwやっぱり結局この辺の曲が一番盛り上がるのってアジカンヲタ的にはどう思ってるんだろうなあ。

16.さよならロストジェネレイション
⇒新木場の流れでループ来るか!?と思ってたら一気にトーンダウン。この曲冒頭でゴッチが適当なハミングをしてこうやって曲作ってるんですよ、とかやってるのが面白かった。この歌は歌詞が好きだったりする。俺もバブルはじけた後しか知らないもんなあ…暗い時代は早く終わって欲しいもんだ。。。

17.転がる岩、君に朝が降る
⇒ロストジェネレイションで終わりかな?と思ってたらもう1曲やる模様。この曲聴いたことはあったけどタイトルが思い出せなかった。サビの所ゴッチ結構辛そうに歌ってた。終わり方はギターを鳴らしたまま置いて掃けて行った。あれ、新木場もこんな終わり方だったっけな?

~en1~
18.惑星
⇒アンコールは相変わらず手拍子のみ。速くなったりゆっくりになったり。出てきてさて何をやるか…と思ってたらまた惑星wいや全然嬉しいんだけどこんなに新木場と被るとは思ってなかった。

19.ソラニン
⇒やっぱりラストはソラニンかーと思って聴いてた。この曲後半への盛り上がりが凄いね。前半は全然激しくない雰囲気なのに。

20.タイトロープ
⇒終わりかと思ったらまだ続くよう…またも聴いたことあったけどタイトルが思い浮かばなかった曲。初期の曲だけどあんまり好きな曲ではないなあ。終わり方は本編と同じように音を鳴らしながら退場。

~en2~
21.アンダースタンド
⇒さて楽しかった、客電ついたしじゃあ帰るかと入口付近に人をかき分けて進んでたらあれ?追い出しアナウンスが流れない…まさか?と思ったら・・・マジでダブルアンコール来た!しまった場所譲るんじゃなかった><
何やるかと思ったらアンダースタンドかよ!俺歓喜!でも後悔w入口付近微妙に乗りが悪くてアレだった。。。
前奏ヲイヲイかと思いきや手拍子になってて少し残念だったのは内緒。とりあえずひとつの目標だったアンダースタンド聴けたことで満足してしまった。


以上、今回は前回以上に楽しかったぞ。やっぱこういうのは前行ってナンボだな。
ちなみにMCは相変わらずぬるーい感じ。MC緊張してるわけじゃないんですよ、演奏が良すぎて喋りたくない日もあるんですよね、でも喋ってるから演奏が悪いってわけじゃないんですけど。とか話してその後話しづらくなってたり。地方公演の時に観光するのに今まではゴッチ1人で行ってたのに、今回はサポートメンバーのキーボードダイちゃんが一緒に来てくれて車が出るようになったんですよ、とか話してた。1人で行くのは個人だけど2人揃えばアジカンの2人が出かけるから運転手もつくらしい。なんじゃそりゃw

いやーやっぱライブっていいもんですね^^
アジカンもう1公演くらい行きたくなってきたから困るw
別窓 | ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

10/14 ASIAN KUNG-FU GENERATION『VIBRATION OF THE MUSIC』@新木場Studio Coast

去年からずっと行きたかったアジカンのライブにようやく行けたの巻。
去年の年末は行けそうで行けなかったんだよね><

今回のツアーも平日だらけで厳しいかなーと思ってたんだけど偶然仕事場と会場が近いポイントを発見、仕事帰りで行くことに。

会場は新木場スタジオコースト。ここは前にスケバン刑事イベで来たことがあるくらいだな。
仕事を早めに半ば強引に切り上げて会場へ。案外駅から遠いんだよねここ。

整理番号-2080番くらい?
まあ整理番号なんて関係ないんだけどwこのチケットはオクで落としたんだけどチケットが届いてみて名前を見てびっくり、某エッグメンバーと同姓同名やんw先生何副業やってんすか!
とりあえず会場入りして知り合いと合流。周りは私服の学生風ばっかり。たまーに俺みたいなスーツがいるくらいだったな。とりあえず右サイドの1.5列目的ポジションを取っておいて圧縮でゆったり前に行く戦法でいった。

【セットリスト】
1.新世紀のラブソング
2.マジックディスク
3.迷子犬と雨のビート
MC1
4.サイレン
5.無限グライダー
6.青空と黒い猫
7.月光
8.ライジングサン
MC2
9.双子葉
10.ラストダンスは悲しみを乗せて
11.アフターダーク
12.ブルートレイン
MC3
13.YES
14.リライト
15.ループ&ループ
16.君という花
17.さよならロストジェネレイション

EC.
18.惑星
19.ソラニン

【感想】
どうやらセトリは毎公演変えてるようで、今回はかなり新参向けっぽい感じだった。特にリライト~君という花の3連続なんて完全に新参向けすぎるww ありがたやありがたや~

しかし客のノリがどこかハロに近いものがあっておもしろかったなw普通にヲイヲイ言ってるような曲も結構あったし。
特に印象に残ったのは真っ赤な照明をバックに歌ったサイレンとイントロのギターの掛け合いがカッコいいブルートレインかな。あとはもちろんリライトループループあたり。ループはずっと小ジャンプ繰り返してる感じでジャンパーにとっては楽しすぎてしょうがないんだぜ。

正直マジックディスクはあんまり好きじゃないし、今回歌った中でも無限グライダーとかアフターダークとかあんまり好きな曲じゃないんだけどやっぱライブで聴くと印象変わるねぇ。やっぱ音楽は現場で聴くに限るな。

あとMCは恐ろしくあっさり風味。上のセットリストってのにMCって入れる必要あるか?ってレベル。まあキャラ的にペラペラ長々と話されても困るんだけどさw

ひとつ不満点はあまりにライブ自体が短かったことかな。開演押してたのに21時前に終わったから正味1時間45分くらい?なんかこれから!ってところで終わっちゃって若干消化不良な感じ。

でもやっぱ自分アジカンの歌好きだしこのノリも好きだしできっとまた行くんだと思う。
次やるときは俺の好きなフラッシュバック→未来の破片のコンボが聴けると良いんだけどな。あとNGSとかアンダースタンドとか自閉探索とかエントランスとか聴きたい曲はいっぱいあるんだけどね。
別窓 | ASIAN KUNG-FU GENERATION | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ライブサンセンビボウロク |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。