ライブサンセンビボウロク

めもがわり 2009年1月~のライブ参戦備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ハロプロ楽曲大賞2010

今年もやって来たこの季節。ハロプロ楽曲大賞の時期ですね。
↓公式ホームページ
http://www.esrp2.jp/hpma/2010/

投票するに当たって少しまとめておくことに。
とりあえずリストアップしたからちょっとずつ減らしていく感じかなあ。

【楽曲部門】
<モーニング娘。>
・涙ッチ
⇒今年娘。は10thアルバムが超良作。最初に聞いた時から一番好きだったのがこの曲。涙ッチになれば良いとかこんな言い回し寺田のおっさんにしか思いつかねーよwガキラップから最後のサビに行く所の高まり具合は異常。ライブでも春ツアー秋ツアー共にラストに使われて印象が良い。1位候補だなあ。

・大きい瞳
⇒最初聴いた時はそこまで印象に残らなかった。良い曲だなーとは思ったけど。ただこの曲は現場で化けた。春ツアーは大阪で盛り下がった空気を一瞬で盛り上げた救世主的な働きを。秋ツアーはさらなる盛り上がりを見せてくれた。Perfumeみたいなピコピコサウンドと楽しいフリも好印象。やっぱ6期最強だな。これも1位候補。

・元気ピカッピカッ!
⇒上2曲に比べるとどうしても印象が弱い。秋ツアーで冷遇されてるからかな?10thアルバムの評価的にはこれと涙ッチ派でわかれてたのに。多幸感溢れる良い曲だし個人的にはサビの序盤が凄い好きなんだけど。ちょっと5位以内には入れられないかなあ。

・愛され過ぎることはないのよ
⇒秋ツアーで未発表曲として初披露された曲。10thアルバム以外からは唯一この曲をノミネート。個人的にはイントロ・間奏とAメロが大好物。2番のサビのジュンジュンリンリンパートも迫力があって良い。特にリンリンね。他のシングルカップリングがちょっと弱いんだよねえ。この曲自体も現場で聞くと凄く良いんだけどCDだとちょっとがっかりする感じなのが残念。特にリンリンね。。。あんなに現場だとカッコイイのに。これもBEST5には入れにくい。


<Berryz工房>
・雄叫びボーイ WAO!
⇒強いてあげるならこれかな、って感じ。個人的に今年はベリ不作だったなあ。アルバム微妙だったし。スパークボーイ!の所が好きだからリストアップしたみたいなもんwあとはちゃんと聞くと間奏がかっけー。現場だと全員ジャンプで爽快なんだよね。ちょっと5曲には選べない。

<℃-ute>
・Danceでバコーン!
⇒今年の℃と言えばバコーンだろうなwタイトル見た時ははぁ?寺田ふざけんなよwって感じだったのにね。歌詞は糞すぎるけど曲がおもしろい。現場だと盛り上がる要素満載で楽しいんだよね。現場ヲタ的には推せるけど在宅は推せないだろうなあこの曲wこの曲も5曲には選べないかなあ。

・キャンパスライフ~生まれてきて良かった~
⇒最初に聞いた時なんだこれ超良曲じゃん!と思ったなあ。結局そこから評価が進展することはなかったんだけど。良い曲だし聴き触りも凄く良いんだけどなんか面白くない。でも普通に聴いたら今年の℃の中で一番良い曲はどれ?と聞かれたらこれと答える人が大半なんじゃないかな。

・君の戦法 [中島早貴・岡井千聖・萩原舞]
⇒糞曲満載と言われたアルバムからはこの曲をチョイス。なっきぃの台詞ばかりが取りあげられるけどかわいらしい歌詞も魅力なんだぜ。


<Buono!>
・Independent Girl ~独立女子であるために
⇒今年のBuonoだと俺的にこれがブッチギリで好き。イントロからAメロからBメロからロックしすぎだろうよwAメロ後半のギターリフからBメロに流れる所がマジでたまらん。ただ…サビがちょっと弱いんだよね。サビも完璧だったら1位8ポイントつける勢いなんだけどwそれでも1位候補には変わらない訳です。

・MIRACLE HAPPY LOVE SONG
⇒特にどこが良い!ってわけでもないんだけどこの曲の全体的な雰囲気が好きなのです。愛し合おうよ~♪


<真野恵里菜>
・元気者で行こう!
⇒夏ハロコンで聴いて以来気になってしょうがなかった曲。なんか俺たまんなく好きなんだよこの曲w好きすぎて真野ちゃんのCD初めて買ってしまうレベル。サビの前の「おおおおおおおおおおおおお」がすげー高まるw言っちゃいな!言っちゃいな!のところもパンチがあって良いじゃないの。やっぱりこの曲も1位候補。っていうか早く現場で聴きたいんだけどw

・OSOZAKI娘
⇒去年末に出したアルバムに入ってるこの曲。テレ朝のクリスマスなんちゃらのテーマソングだっけな。凄い爽やかな曲で真野ちゃんに凄くよく似合ってる。元気者が無かったら間違いなくこの曲に投票してるだろうなあ。というわけでベスト5には入れられない。真野ヲタ的にはこっちを推す人の方が多い気がするけど。


<スマイレージ>
・夢見る 15歳
⇒やっぱスマはこれでしょ。最初聞いた時はサビ完全にメロンのかわいい彼じゃんwとか思ったけどさ。イントロが超好き。このイントロを上手く使ったツアースタッフにはGJと言いたい。あとはAメロ最後の「ざっさまーらぶ」のとことBメロが良いよねー。まさに夢見る15歳を歌った歌詞もなかなか良いんだよね。サビラストの寂しいよ寂しいよ~のとことか秀逸。これもまぎれもなく1位候補だったりして。イヤフォンで!!!

<メロン記念日>
・ロマンチックを突き抜けろ! ~Break it now~
⇒最初に現場で聴いた時から良い曲だなーこれと思った曲。Bメロのマサオパートがマジでかっけーwあとはサビへの流れ部分かな。ライブでも盛り上がるしこの曲誰か引き継いで欲しいんだけど…スマとかいかがですか?wぶっちゃけ1位候補とかじゃないけどBEST5には入れたいこの曲。だってメロンヲタ以外投票しないでしょ?w

・メロンティー
⇒現場での盛り上がり、それに尽きるな。うえうえうえうえうえwww聴いてても楽しい曲なんだけど。この曲はメロンにしか歌えないと思うから封印してくれて結構。ロマンチックがなければこれに投票してたな、って程度です><

【PV部門】
ぶっちゃけちゃんと見たPVが少なすぎる…毎年投票辞退しようか悩むんだけど一応入れてるんだよね。

今年は
・元気者で行こう!(真野ちゃん)
⇒堤さん監督の面白い作品。元気者使いになった真野ちゃんの活躍が見れる。
・友達は友達なんだ(Berryz工房)
⇒とりあえずかわいく映ってる。ロケしたって時点でポイント高し。
・キャンパスライフ~生まれてきて良かった~(℃-ute)
⇒上と全く同じ理由。

この辺に投票しておこうと思ってる。え?娘?さあ・・・

【推しメン部門】
こんなもん決まってるじゃん!!さゆ一択だよね!ちゃゆちゃゆうううううううう!しゃうううううううううううう好きだああああああああああああああああああああ!しゃああああああああああああああゆううううううう!!!!!!!

…すんません普通にガキさんに投票します。

また実際に投票したら更新するのだ。
↓投票しました。(12/7)追記にて更新。
ハロプロ楽曲大賞2010…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

総括編『モーニング娘。コンサートツアー2010秋~ライバルサバイバル~』

夏ハロで亀井ジュンジュンリンリンの卒業が発表されてまたも卒業ツアーになった秋ツアー。3人の卒業+9期募集ってことで次のツアーからは完全に別体制になっちゃうから、娘。メンも集大成にしようと相当気合が入ってたツアーだった。

【参戦公演】
2010/09/18 座間 昼-1階T列 夜-1階T列
2010/09/19 座間 昼-2階2E列 夜-1階U列
2010/09/25 市川 昼-2階5列 夜-1階18列
2010/09/26 栃木 夜-2階W列
2010/10/02 岸和田 昼-1階17列 夜-1階14列
2010/10/10 中野 昼-1階26列 夜-1階21列
2010/10/11 中野 昼-2階9列 夜-1階20列
2010/10/16 松戸 昼-1階30列 夜-1階26列
2010/10/17 相模大野 昼-1階23列 夜-1階18列
2010/11/14 長岡 昼-1階25列 夜-1階21列
2010/11/20 静岡 昼-1階16列 夜-1階6列
2010/11/27 名古屋 昼-1階ね列 夜-1階に列
2010/12/12 JCB 昼-2バル5列 夜-アリーナ13列
2010/12/15 横アリ アリーナB9列

合計参戦数:26公演
過去最高記録更新。関東近辺公演が多かったから自然と多くなった。印象深かったのは涙ッチ合唱が始まった栃木夜、超綺麗な会場岸和田、前半戦最大の盛り上がりガキさん生誕相模大野、ウタイストのJCB、そして忘れられない横アリかなあ。

【セットリスト】
<Aパターン>
- メンバー紹介~全体ダンス
01.そうだ!We're ALIVE
02.Hand made CITY
- OPENING MOVIE
03.あっぱれ回転ずし!
- MC
04.泣き出すかもしれないよ
05.女が目立ってなぜイケナイ
06.強気で行こうぜ!
- MC(亀井・道重・田中)
07.【メドレー】私の魅力に気づかない鈍感な人(光井、BD:JJ・LL)
  ~キラキラ冬のシャイニーG(田中)~It's you(道重、BD:高橋・亀井)
  ~レインボーピンク(道重→JP・LP)~恋ING(亀井→全員)~元気ピカッピカッ!
- MC
08.愛されすぎることはないのよ
09.なんちゃって恋愛
10.大きい瞳(亀井・道重・田中)
11.高橋ソロ(スッピンと涙。・シークレット)
- MC(新垣・光井・JJ・LL)
12.青春コレクション
13.気まぐれプリンセス
14.踊れ!モーニングカレー
15.3、2、1 BREAKIN' OUT!
16.グルグルJUMP
- MC
17.友
ENCORE
18.女と男のララバイゲーム(新曲)
- MC
19.涙ッチ

<Bパターン>
- メンバー紹介~全体ダンス
01.そうだ!We're ALIVE
02.Hand made CITY
- OPENING MOVIE
03.あっぱれ回転ずし!
- MC
04.泣き出すかもしれないよ
05.女が目立ってなぜイケナイ
06.強気で行こうぜ!
- MC(亀井・道重・田中)
07.【メドレー】私の魅力に気づかない鈍感な人(光井、BD:JJ・LL)
  ~キラキラ冬のシャイニーG(田中)~Take off is now!(高橋新垣田中)
  ~来来!「幸福」(JJLL)~晴れ 雨 のち スキ(亀井→全員)~愛あらばIT'S ALL RIGHT
- MC
08.愛されすぎることはないのよ
09.なんちゃって恋愛
10.大きい瞳(亀井・道重・田中)
11.新垣ソロ(夕暮れ作戦会議・男友達)
- MC(高橋・光井・JJ・LL)
12.青春コレクション
13.シャボン玉
14.Ambitious!野心的でいいじゃん
15.その場面でビビっちゃいけないじゃん!
16.ラヴ&ピィ~ス! HEROがやって来たっ。 ※「大好きよ超大好きよ」を全員1回ずつ繰り返し
- MC
17.友
ENCORE
18.女と男のララバイゲーム(新曲)
- MC
19.涙ッチ

<横アリパターン>
- メンバー紹介~全体ダンス
01.そうだ!We're ALIVE
02.Hand made CITY
- OPENING MOVIE
03.あっぱれ回転ずし!(ショート)
- MC
04.泣き出すかもしれないよ
05.女が目立って なぜイケナイ
06.強気で行こうぜ!
- MC(亀井・道重・田中)
07.【メドレー】私の魅力に 気付かない鈍感な人(光井、BD:JJ・LL)
  ~キラキラ冬のシャイニーG(田中)~It's You(道重、BD:高橋・亀井)
  ~元気ピカッピカッ!
- MC
08.愛され過ぎることはないのよ
09.大きい瞳(亀井・道重・田中)
10.新垣ソロ(夕暮れ作戦会議)
11.高橋ソロ(スッピンと涙。)
- 感謝の手紙
  リンリン~渡良瀬橋
  ジュンジュン~ふるさと
  亀井~春 ビューティフル エブリディ
12.青春コレクション
13.気まぐれプリンセス
14.踊れ!モーニングカレー
15.3、2、1 BREAKIN' OUT!
16.グルグルJUMP ※間奏で「モー」「ニン」「グー」「サー」「イー」「コー」
- MC
17.友(とも)

〔EC〕
01.女と男のララバイゲーム
-卒業セレモニー-
02.雨の降らない星では愛せないだろう?
03.愛あらばIT'S ALL RIGHT
-MC-
04.涙ッチ

【個別感想】
JCB昼夜公演と横アリ公演で書きつくしたからここでは省略。。。

↑ここまでは去年の年末にかいた記事。ほんとはDVD見てこの後書くつもりだったけど・・・
ブルーレイ盤発売日買ったは良いけどなかなか見る踏ん切りがつかなくて結局1年と1日後の2011年12月16日に見ることになった。
実際見たらオープニングで8人揃ったとこで早速泣きそうになったw現場でもかなり泣いた記憶があるけど、今映像見ても感謝の手紙とか卒セレでやっぱ泣いちゃうんだよね><卒セレコメントではギリギリ泣かずに言いきってた愛ちゃんがその後に3人が挨拶してるとこでボロ泣きしてるシーンが印象的だった。

はあ・・・良いグループだったなあ。最強の8人は伊達じゃなかった。これからの娘。をこの8人時代みたいに推せるか正直不安だったりする。
別窓 | 2010秋「ライバル サバイバル」 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

総括編『モーニング娘。コンサートツアー2010春~ピカッピカッ!~』

小春がいなくなった8人体制での初めてのツアー。娘メンは8人になってパワーダウンしたって言われないようにしよう!って気分で超頑張ったらしい。このツアーは正月に出たアルバム「10MYME」をベースにしたツアー。アルバムツアーは結局のところそのアルバムの良し悪しで決まっちゃうところがあるから、アルバムが良作だったのには凄く助かったな。

【参戦公演】
2010/03/19 東京 夜-1階22列
2010/03/20 東京 昼-2階15列 夜-1階17列
2010/03/21 東京 昼-1階23列 夜-1階13列
2010/04/03 滋賀 昼-3階3C列 夜-1階1Q列
2010/04/10 大宮 昼-1階22列 夜-1階12列
2010/04/11 千葉 昼-1階8列 夜-1階25列
2010/04/18 中京 昼-1階24列 夜-1階23列
2010/04/25 仙台 昼-1階16列 夜-1階12列
2010/05/02 神戸 昼-1階17列 夜-1階27列
2010/05/05 中野 夜-1階21列

合計参戦数:18公演
春ツアー最高参戦数更新ですね^^っていうか毎年2公演づつ増えてるなw
思い出深いのはまさかの平日公演の初日東京厚生、東京厚生最終公演の3月21日、PVセクボで大盛り上がりだった名古屋夜、すげー無理して行った中野千秋楽かなあ。

【セットリスト】
-オープニングアニメーション
01.Moonlight night ~月夜の晩だよ~
02.気まぐれプリンセス(ショート)
メンバー紹介VTR(BGM元気ピカッピカッ!)
03.恋愛レボリューション21(ショート)
-挨拶MC 
04.愛して愛して後一分
05.なんちゃって恋愛(ショート)
06.しょうがない 夢追い人(ショート)
-MC 亀井道重田中
07.あの日に戻りたい(高橋愛・新垣里沙)
08.大阪 美味いねん(光井愛佳・ジュンジュン・リンリン)
09.大きい瞳(亀井絵里・道重さゆみ・田中れいな)
10.リゾナント ブルー(ショート)
-MC PV紹介(メンバーソロ)
VTR(各公演替わり PV)
11.メドレー
  LOVEマシーン - ザ☆ピ~ス! - 悲しみトワイライト
  - 恋のダンスサイト- 浪漫 ~MY DEAR BOY~ - ここにいるぜぇ!
-MC
12.雨の降らない星では愛せないだろう? (中国語Ver.)
13.女が目立って なぜイケナイ
14.3,2,1 BREAKIN' OUT!(ショート)
15.みかん(ショート)
16.元気ピカッピカッ!
-MC
17.Loving you forever
-ENCORE
18.HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~
-MC
19.涙ッチ

【個別感想】
-オープニングアニメーション
01.Moonlight night ~月夜の晩だよ~
⇒満月に狼が映し出されてうさぎコスの娘。たちが登場でこの曲。やっぱ春ツアーを代表する曲だねこれは。なんかDVDの画質とかカット割が今までと違いすぎてちょっと焦るなw

02.気まぐれプリンセス(ショート)
⇒前奏オーイングはこのころには定着。うさぎコスできまプリは今見ると結構な違和感があるwしかしホントに小春の穴がさっぱり感じられないな^^;

メンバー紹介VTR(BGM元気ピカッピカッ!)
⇒しゅわしゅわっとしたかわいい感じのVTR。まあ可もなく不可もなく…初日はこの流れで次の曲元ピカだと思ってたんだぜ。

03.恋愛レボリューション21(ショート)
⇒最初はいまさらまた恋レボかよwと思ってたのにやってくにつれて楽しくなっちゃったパターンだったな。やっぱ名曲だよこれはw東京厚生ではまんまちゃんが乱入したりしたねえ。

-挨拶MC
⇒いろんな意味でピカッピカに輝いて行きますのでっていうMC。DVD(千秋楽)ではさゆによるジャパンエキスポの告知MC。さゆちゃんブツブツ凄く良くなってるなもう。

04.愛して愛して後一分
⇒春ツアーで間違いなく一番化けた曲。ここまでカッコ良く仕上がるとは思ってなかった。フリコピしてても楽しかったし見てても迫力あった。サビ前のさゆパートが個人的にツボwでもこの曲はこのツアーでもうお蔵入りになりそうな気がしてしょうがない。

05.なんちゃって恋愛(ショート)
⇒結構ある小春パートはさゆが引継ぎ。この引継ぎには全然違和感がなかったな。

06.しょうがない 夢追い人(ショート)
⇒この曲は何と言っても大サビの愛ちゃんの気合の入ったソロパートに尽きるな。ツアー途中からいきなり気合入りまくりでどうしたのかと思ったっけ。

-MC 亀井道重田中
⇒完全フリートークの6期MC。この3人の話はいつも面白くてホント感心する。さゆがバラエティで揉まれてさらに上手いこと言う力が増してたな。さゆのうちにエロ本疑惑!?とかいろいろネタ満載なツアーだったなあと。

07.あの日に戻りたい(高橋愛・新垣里沙)
⇒完全にここはタイガータイム。傘を使ってのパフォーマンスで、杖みたいに使ったり開いて使ったりでこれが難しかったって後々語ってたな。どっかの公演で愛ちゃんの傘が閉じちゃったハプニングがあったけど華麗に対処してるのを見て凄いなーと思ったりしたなあ。

08.大阪 美味いねん(光井愛佳・ジュンジュン・リンリン)
⇒あぁ大阪…良曲揃いの10MYMEにあって唯一の糞曲w最初から最後までどう盛り上がって良いかわからなかった曲。

09.大きい瞳(亀井絵里・道重さゆみ・田中れいな)
⇒大阪で冷えた空気を一瞬で変える最強曲。アルバム聴いた時にはここまで盛り上がる曲になるとは思ってなかった。間違いなくこのツアー中盤を支えた大黒柱な曲でした。

10.リゾナント ブルー(ショート)
⇒この流れでリゾナントは良いなあ。さながら終盤戦みたい。思えば8人のリゾナントが映像として見れるのはこれが最後なんだな。しかしリゾは歌い続けてるだけあって凄い迫力だぜ。

-MC PV紹介(メンバーソロ)
VTR(各公演替わり PV)
⇒このツアー最大のがっかりポイントPV垂れ流し。これがなければもう少し評価は高かったんだけど…このPVも毎公演違うんならまだ良いんだけどめっちゃ被ってたからね。ひょっこりとか涙とまとか2回以上絶対見たし…ほんとこれから先もなるべくやめて欲しいコーナーの一つ。

11.メドレー
LOVEマシーン - ザ☆ピ~ス! - 悲しみトワイライト
- 恋のダンスサイト- 浪漫 ~MY DEAR BOY~ - ここにいるぜぇ!
⇒幻想的なイントロから何かと思えばラブマかよ!っていう初日の衝撃。浪漫イントロの高まり具合は異常wあとはここいるの盛り上がりはガチ。最後は合唱になるんだけどメドレー後半で疲れてる上にキーが高くてまた歌えないっていうw亀のみんなも一緒に跳んでね~は誰が引き継ぐんだろう…
しかし長いし跳びはねまくるし大変なメドレーだなこれは。。。シングル大全集での史上最長のメドレーとどっちが長いんだろうな。

-MC
⇒愛ちゃんが誰より先に出てきてSAY HU!とかやってたやつ。これもツアー途中から始まったんだよね。

12.雨の降らない星では愛せないだろう? (中国語Ver.)
⇒またやるのか雨降らっていう。アルバムに入ってるとは言えどうかと思うよ。

13.女が目立って なぜイケナイ
⇒この頃にはもうフリ飽きてる感がwしかしDVDで見るとカット割でなかなかカッコよく見える。

14.3,2,1 BREAKIN' OUT!(ショート)
⇒この曲一番の進化はさゆのあおりでOH YEAH OH YEAHを歌うようになったことだろうね。

15.みかん(ショート)
⇒321からの流れは素敵。っていうかDVDヲタ跳び過ぎwww相変わらず凄い盛り上がりだけどどうせならフルでやって欲しいよなあ。

16.元気ピカッピカッ!
⇒このツアーのテーマ曲だねえ。多幸感溢れてていいよいいよー。みんな歌って!と言われてもこれもキーが高くて歌えないっていうね…なんで娘の合唱曲は歌えない曲が多いんだろう><

-MC
⇒愛ちゃんのやたら良い発音のLoving you foreverが聴けるMC

17.Loving you forever
⇒LYFでの本編ラストは良い感じに締まってた。なんかさゆえりの絆みたいなのを感じちゃう曲なんだよねこれ。大サビで一歩踏み出すフリは良く考えたなーと思う。

-ENCORE
18.HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~
⇒HDYLJここに完成!的な圧倒的なカッコよさ。イントロ部分の映像といいなんといいマジで凄い。1曲中のジャンプ量で言ったらこの春ツアーのHDYLJがブッチギリで一番多いと思うくらい跳んだ。愛ちゃんの素敵すぎるスタンドマイク使いとか亀の上着はだけるくらい激しいダンスとかガキさんの超ハイテンションな煽りとか見どころ満載だなあ。DVDも迫力が伝わる良い作りだと思うこれ。

-MC
⇒初日愛ちゃんの涙とか亀の静電気髪逆立ち事件とかメンバーがブログ始めだしてその話とかいろいろ聞けたラストMC。DVDの千秋楽公演もいろいろ話してくれてなかなか面白い。やっぱフリートーク最高や!

19.涙ッチ
⇒秋ツアーの印象が強すぎてあんまり思い出せないw最初は合唱とか全然なかったんだよねそういえば。千秋楽はガキさんが一緒に歌おう!って言ったから結構みんな歌ってたけど。そういや春ツアーは亀ちゃんのド派手なダンスを見るのが楽しみだったな。ダメだ春ツアーのDVD見るだけで涙目になっちゃうな><

【まとめ】
8人初のツアーだけど良いツアーだったよね。全ては10MYMEのおかげなんだけど。本編ラストの火力は少し物足りない感があるけどアンコールの2曲がやっぱ良い。ただやっぱPV垂れ流しだけは許容できないよ><
別窓 | 2010春「ピカッピカッ!」 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

総括編『モーニング娘。コンサートツアー2009秋~ナインスマイル~』

ナインスマイルかーこのツアーは完全に小春卒業っていうテーマのツアーになっちゃったんだよね。ここまでずっと見てきた9人体制が崩れるツアーでもあったわけで。卒業発表自体も初日だったからなあ。今考えてもやっぱり何かおかしい。

【参戦公演】
2009/09/19 松戸 昼-1階30列 夜-1階14列
2009/09/20 松戸 昼-3階8列 夜-1階20列
2009/09/22 大阪 昼-3階C列 夜-1階R列
2009/09/23 神戸 昼-1階19列
2009/09/27 鶴舞 昼-1階13列 夜-1階26列
2009/10/03 宇都宮 昼-2階15列
2009/10/04 横須賀 昼-2階2RB列 夜-1階P列
2009/10/17 静岡 昼-1階2列 夜-1階26列
2009/11/01 仙台 昼-1階17列 夜-1階17列
2009/11/07 中野 昼-2階9列 夜-1階23列
2009/11/08 中野 夜-1階16列
2009/11/28 鳴門 夜-1階い列
2009/11/29 神戸 昼-1階16列
2009/12/05 東京 昼-1階13列 夜-1階19列
2009/12/06 東京 昼-2階10列 夜-2階8列

合計参戦数:25公演
んー多いけどもはや秋ツアーはこれぐらいがアベレージかもw印象深いのはやっぱり小春卒業発表の松戸初日、ラブマチョップの横須賀、人生初最前の静岡、観光満載の鳴門-神戸、笑いあり涙ありの卒業式の千秋楽東京厚生かな。いやーやっぱ初日の小春卒業発表の時の衝撃は忘れたくても忘れられないよあの状況は…

【セットリスト】
01.3、2、1 BREAKIN'OUT!
02.HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~
03.気まぐれプリンセス
MC
04.なんちゃって恋愛
05.元気+
06.雨の降らない星では愛せないだろう? (中国語Ver.)
07.すき焼き (新垣里沙・久住小春)
MC (新垣・亀井・ジュンジュン・リンリン)
08.春 ビューティフル エブリデイ (亀井絵里・光井愛佳)
09.記憶の迷路 (高橋愛、田中れいな)
10.歩いてる (道重→全員)
11.秋麗
12.しょうがない 夢追い人
MC (道重・田中)
13.さくら満開 (高橋愛・新垣里沙・亀井絵里・光井愛佳・リンリン)
14.友情 ~心のブスにならねぇ!~ (田中れいな・道重さゆみ・久住小春・ジュンジュン)
15.でっかい宇宙に愛がある
MC
16. <カップリングメドレー>
→ボン キュッ! ボン キュッ! BOMB GIRL
→Please! 自由の扉
→Hand Made CITY
→踊れ! モーニングカレー
→ボン キュッ! ボン キュッ! BOMB GIRL
MC
17.女子かしまし物語
18.泣いちゃうかも
19.リゾナント ブルー
(20. レインボーピンク 重ピンク・こはっピンク)
~アンコール~
(-卒業セレモニー)
(ふるさと)
EN.1 SONGS
EN.2 LOVEマシーン

【個別感想】
これまでとおなじように個別感想書こうかと思ったけど
自分の千秋楽レポで超詳細に書いてるからここではDVD見てて気になったとこだけ書くことに。

02.HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~
⇒ガキさんが珍しくDVD収録の日の髪型を失敗してないwっていうか煽りが激しすぎだろこの曲wほんとにライブで進化したよなあこれは。

03.気まぐれプリンセス
⇒まず気付くのは前奏オーイングが入ってないこと。このオーイングはいつから始まったんだろう…これもまだ進化過程なのかな。

MC (新垣・亀井・ジュンジュン・リンリン)
⇒ジュンジュンなんか日本語下手になってない?w

08.春 ビューティフル エブリデイ (亀井絵里・光井愛佳)
⇒亀卒業ソングじゃないですか…DVD見てるとえりりんコールとタメ張れるくらい愛佳コールが大きいのな。っていうか愛佳コールの方が断然大きく聞こえるんですけどw現場での愛佳人気恐るべしw

09.記憶の迷路 (高橋愛、田中れいな)
⇒この2人のパフォーマンスはDVDで見てても見入っちゃうな。そりゃ愛れなダブルエース体制にもなるって話だわ。

11.秋麗
12.しょうがない 夢追い人
⇒この2曲の流れは凄い良いな。記憶の迷路と同じで夢追い人は見入っちゃった。やっぱこの曲好きなんだな自分。

MC (道重・田中)
⇒さゆれなMCおもしろかったなあ。さゆちゃんバラエティに出だしてブツブツが一番ひどい時期だな…化粧で隠してるけどやっぱ目立っちゃってかわいそう。

13.さくら満開 (高橋愛・新垣里沙・亀井絵里・光井愛佳・リンリン)
⇒気持ち悪いLOVEコールで寒気がしたw間違いなく史上最悪なコールだなここは…

14.友情 ~心のブスにならねぇ!~ (田中れいな・道重さゆみ・久住小春・ジュンジュン)
⇒正直ここのさくら組乙女組ゾーンは微妙だったよね、とか今見ると思う。でもジュンジュンが「錦飾る日まで負けやしねえ」とか歌ってるのを見て感じるものがあったな。

15.でっかい宇宙に愛がある
⇒1番サビの後で全員でジャンプするシーンで亀のジャンプ力が異常ww

16. <カップリングメドレー>
⇒やっぱHMCカッコいいなあ。最後のボンキュガキさんのテンションが異常値に達してるなwDVDではHUHU言っててラストのフリが遅れたのを取り返そうと1.5倍速でフリをするガキさんw何やってんだか…w
DVD1枚目はここでおしまい。やっぱ2枚組ってのは流れが切れちゃって良くないなあ…横アリのも2枚組になるんだろうけどDVD買わずに出るであろうブルーレイまで待とうかなと思ったり。

17.女子かしまし物語
⇒歌詞が…ジュンジュンが後輩欲しがってるとかリンリンのサブリーダー狙いとか何とも…

18.泣いちゃうかも
⇒ラストスパートで鴨はないなやっぱ。汗だくで踊ってる絵里ちゃんキャワ!

19.リゾナント ブルー
⇒盛り上がって行くよ!リゾナントブルー!って盛り上がる曲じゃなくね?wっていう。しかし間奏オーイングの迫力ハンパねえな。さゆのヘルミーが今までで一番ヘルミーな表情だったw

(20. レインボーピンク 重ピンク・こはっピンク)
⇒やっぱレイピンはここで封印すべきだったと思うの。

(-卒業セレモニー)
⇒久々に見たけど良いセレモニーだなあ。やっぱりこの9人時代が一番好きだったわ。

EN.1 SONGS
⇒しょい!込みのSONGS卑怯すぎる…目から汗が。。。

MC
⇒このツアーのラストMCはホントに楽しかった思い出。JJのぶりっ子連鎖とか色々笑わせてもらったなあ。。。

EN.2 LOVEマシーン
⇒しかしオーラスラブマは誰得だよホントに…冒頭のラブマチョップとか楽しみどこはあったけどさ。DVD見てラブマで白サイ祭りしたのをやっと思い出した。卒業=白ってイメージつきすぎだな最近w

【まとめ】
やっぱこの9人体制大好きでした><こはりゅうううううううううううう。このセトリはやっぱ微妙だよなあ。後半のラッシュの火力不足が明らかだし中盤も若干だれるし…オーラスラブマだし。でもこの9人が好き過ぎたからそんなこと関係なく楽しめたツアーでもあった。あとやっぱ卒業ツアーってのは特別だよね。。。
別窓 | 2009秋「ナインスマイル」 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

総括編『モーニング娘。コンサートツアー2009春~PLATINUM 9 DISCO~』

最高のリゾナントツアーが終わり次は新アルバムをひっさげての春ツアー。
このツアーからこのブログつけてるから相当内容被るけどそんなの気にしないw
プラチナツアーはどうしてもリゾナントツアーと比べちゃって最初はがっかり風味が強かったけど最終的にはおもしろかったと言えるツアーだったと思う。

【参戦公演】
2009/03/20 松戸 昼-1階26列 夜-1階9列
2009/03/21 松戸 昼-3階6列 夜-1階10列
2009/03/28 滋賀 昼-2階2RB列 夜-1階1P列
2009/03/29 福井 昼-Aゾーンた列
2009/04/04 周南 昼-1階15列 夜-1階19列
2009/04/05 小倉 昼-1階7列 夜-1階2列
2009/04/12 山梨 昼-1階19列 夜-1階19列
2009/04/19 名古屋(中京) 夜-1階17列
2009/05/10 東京 昼-1階16列 夜-1階17列

合計参戦数:16公演
春は仕事が忙しいのもあってあんまり数行けないんだよね。その分遠征が多いw
このツアーは色々思い出深い場所があるなあ。落胆の初日松戸、復活の翌日松戸、初の愛佳凱旋のびわ湖ホール、地元のダチと行ってドン引きされた福井w、さゆの地元の中学校まで見に行った周南、桜が超絶綺麗だった小倉、空席祭りすぎて絶望した山梨、糞忙しい時期の出張のついでに行った名古屋、そして忘れられない雨降ら大合唱の千秋楽東京厚生…思えば全部が印象深い公演だった気がする。

【セットリスト】
01.SONGS
02.泣いちゃうかも
OP MOVIE
03.みかん
MC
(04.笑顔YESヌード)
04.しょうがない夢追い人
05.情熱のキスを一つ (高橋新垣田中)
06.片思いの終わりに (亀井)
MC (メンバーソロ)
07.ファインエモーション (ジュンリン)
08.私の魅力に 気付かない鈍感な人 (光井 Dancer:ジュンリン)
09.弱虫 (新垣)
10.It's You (道重 Dancer:高橋亀井)
MC プラチナフォト 久住ジュン(途中かられなジュン)
11.LOVEマシーン  ~5曲メドレー~
12.恋愛レボリューション21
13.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
14.THE マンパワー!!!
15.青空がいつまでも続くような未来であれ! (リンソロアカペラ→全員)
MC リンリンの中国語講座 (亀井道重リン)
16.香水 (久住ジュン)
17.The 美学 (田中)
MC GAKI (新垣)
18.夢から醒めて (高橋)
19.Take off is now! (高橋新垣田中)
20.グルグルJUMP (久住ジュンリン)
21.HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
22.リゾナント ブルー
MC
23.ラヴ&ピィ~ス! HEROがやって来たっ。
アンコール
24.その場面でビビっちゃいけないじゃん!
MC
25.雨の降らない星では愛せないだろう?

【個別感想】
01.SONGS
⇒歴代最高とも言われるこのオープニング。照明で9人が順に照らされてくシーンは鳥肌もんでしたな。この曲はやっぱオープニングでこそ映える曲だと思う。

02.泣いちゃうかも
⇒鴨懐かしいなー。フリコピが超楽しい曲だねぇ。逆に言うとそれぐらいしか…w

OP MOVIE
⇒かわいい系のムービー。みんなお花を持ってポージング。

03.みかん
⇒ムービーから上手くつなげてみかん。DVD公演凄い盛り上がりだなw千秋楽だからかもしれないけどここまで見たDVDとは盛り上がりが1段階違うwみかんのオーイングもこのころから始まったのかな。

MC
⇒この頃からもう冒頭のメンバー紹介なかったんだなあ

(04.笑顔YESヌード)
04.しょうがない夢追い人
⇒序盤は笑顔ヌードで途中から新曲の夢追い人に差し替え。ディスコがテーマのツアーだから笑顔ヌードは絶対入る!って言われてたけどこういう形で消えるのは残念><DVDにも残ってないしね…。夢追い人は1位を取った記念すべきシングルだけど当時仕事が忙しくてあんまり関われなかったなあ…

05.情熱のキスを一つ (高橋新垣田中)
⇒椅子を使ってエロい雰囲気で踊ってた曲。とりあえずこの辺はガン見だよねw

06.片思いの終わりに (亀井)
⇒KYえりりんコール炸裂のこの曲…DVD見てもこれは酷過ぎるwホントに卒業ソングがこれじゃなくて良かったと思う。最後の最後にMCで亀に「みなさんがソロ曲じっくり聴いてくれて嬉しかった」って皮肉を言われる始末だったからねw

MC (メンバーソロ)
⇒回替わりで一人一人ソロでMCをやるってコーナー。凱旋公演では当然凱旋メンバーが喋ってた。

07.ファインエモーション (ジュンリン)
⇒うーむ全くもって印象にない。曲は悪くないはずなんだけどいかんせん盛り上がりが微妙。

08.私の魅力に 気付かない鈍感な人 (光井 Dancer:ジュンリン)
⇒鈍感覚醒来たwリゾツアーではまずまずの盛り上がりだった鈍感が異常なほどに進化したのがこのツアー。今までみっつぃ派と愛佳派で割れてたコールも滋賀凱旋公演を境に愛佳コールに統一されたのが超印象的。DVD見てると愛佳に捧げるローマーンースまで聞こえてくる勢いだなこれはw

09.弱虫 (新垣)
⇒盛り上がった空気を一気にクールダウンするガキさんソロ曲。CD版だとさゆとガキさんのコンビで歌ってる曲。さゆとのハーモニーが結構好きだったからソロでやるよりはさゆと一緒にやって欲しかったなあと。

10.It's You (道重 Dancer:高橋亀井)
⇒バックダンサーならぬバックボーカルのこの曲wダンサーがメインっていうね。しかし何でさゆソロはこんな曲なんだろう。

MC プラチナフォト 久住ジュン(途中かられなジュン)
⇒リゾコンで好評だった小春VSジュンジュンの続き…だったはずが何故か途中かられいなとジュンジュンのコーナーに。これはマジで空気読めよって感じの交代だった。

11.LOVEマシーン
⇒ここから青空までメドレー。このメドレーは何気にかなり出来が良い。またラブマかwって言いそうになったけどディスコメドレーだしこれはこれでありだと思う。

12.恋愛レボリューション21
⇒ラブマからのつなぎで恋レボ。これは綺麗なつなぎ方。この曲は流石の存在感だねえ。

13.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
⇒なんだこの異常な盛り上がりwDVDヲタ声でかすぎるだろwww出だしはムーディーな感じのBメロから入ってその後のイントロで一気に盛り上がるっていうね。横ひじヲイが入り出したのもこのツアーからだったねそういや。

14.THE マンパワー!!!
⇒セクボ風味なマンパ。ここでマンパが来るのは正直意外だった。案外セクボと相性が良いのねw

15.青空がいつまでも続くような未来であれ! (リンソロアカペラ→全員)
⇒このツアーひとつの見せ場リンリンソロタイム。初日はあまりのリンリンの上手さにみんな驚いたっていうね。この頃からリンリンの人気が少しずつ上がって来た…ような気がする。

MC リンリンの中国語講座 (亀井道重リン)
⇒リンリンに中国語を教えてもらってケーススタディをするっていうMC。メンバーがメンバーだけあってそこそこ面白く見れた。

16.香水 (久住ジュン)
⇒賛否両論のメロン記念日の曲。なんでメロンの曲歌う必要あんの、ってまあ俺も否定的だったんだけど。

17.The 美学 (田中)
⇒こちらも賛否両論の松浦さんの曲。なんであややの曲歌わなとあかんねんっていうwいや盛り上がったんですけどね。

MC GAKI (新垣)
⇒序盤はMCGAKIをやってたけど終盤は普通にガキさんのソロMC。ネタ切れだったのかなw

18.夢から醒めて (高橋)
⇒渾身の愛ちゃんソロ。この曲は愛ちゃんヲタからすると思い出深い1曲なんだとか。やっぱ歌上手いなあと毎回思うわけで。

19.Take off is now! (高橋新垣田中)
⇒イントロ超かっけーw後ろのVもカッコ良くてあまりフリコピせずに見るのに集中してた覚えが。

20.グルグルJUMP (久住ジュンリン)
⇒おおグルジャンが覚醒してるwwwリゾツアーからは完全に進化してるなこの盛り上がりは。そうそうプラチナコンはここからのラストスパートが死ぬほど大変だったんだった…w

21.HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
⇒覚醒後のグルジャンの後に覚醒したHDYLJとか酷過ぎるwどんだけジャンプさせるんだよっていうセトリ。しかしこの曲もこのツアーで見事に進化したねえ。。。

22.リゾナント ブルー
⇒そんなジャンプナンバー連続の後でリゾナント。もうやめて!さゆみんのライフは0よ!っていうのをよくスレで見た気がする。今や名物のリゾナント間奏オーイングはこのツアーでは完全にモノになってるな。DVDで聴いてもぞくぞくするぜwリゾツアー千秋楽あたりで開発されたのかな?

MC
⇒盛り上がりましたねーとかの短いつなぎのMC。

23.ラヴ&ピィ~ス! HEROがやって来たっ。
⇒そんな短いインターバルでまたジャンプナンバーラブピwこれはきっついぜ。このツアーとにかくラストのラッシュが凄かった印象が強かったからなあ。

アンコール
24.その場面でビビっちゃいけないじゃん!
⇒アンコ1曲目はビビっちゃ。最初はリゾ1曲目の印象が強すぎてアンコで持ってくるのはどうなのよ?と思ってたっけな。あとは小春のバカでかい帽子かwツアーが進むごとにでかくなるっていうwwしかし見てるだけでなんか幸せな気分になるんですけど。。。

MC
⇒ほんと台本減ったなっていうラストMC。千秋楽はガキさんの名MCだったんだよね。

25.雨の降らない星では愛せないだろう?
⇒千秋楽限定でガキさんの「みなさん一緒に歌いましょう」って前置きがあってのMC。まさかここまで見事に合唱成功するとは…それまでは全然合唱とかしなかったのにね。このときの一体感といったらもう筆舌に尽くしがたいものがある。間違いなく忘れらない公演の1つだね…

【まとめ】
ソロを増やして個々の魅力を伝えようとしたツアー。グループとしてのモーニング娘。が好きな俺にとってはやっぱり評価しづらいツアーだったな。全体曲が少なすぎて寂しかったんだよね要は。それでも後半のラッシュは半端な火力じゃなかったし、鈍感やら覚醒した曲もあったりしたりで終わってみれば悪いツアーじゃなかったと思う。ソロの魅力って意味ではリンリンがあんなに歌が上手いって気づいたのはこのツアーのおかげだろうしね。とりあえずもう一回グルジャン→HDYLJの鬼コンボ体感したいなw
別窓 | 2009春「PLATINUM 9 DISCO」 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

総括編『モーニング娘。コンサートツアー2008 秋~リゾナントLIVE~』

2008年秋ツアーリゾナントLIVE…今でも最高のツアーと名高いこのツアー。
試練のシングル大全集を乗り越えて1段階進化したなあと体感したツアーでもあった。
いやほんとに楽しかったんだよこのツアー。

【参戦公演】
2008/09/27 座間 昼-1階O列 夜-1階R列
2008/09/28 座間 昼-2階2G列 夜-1階O列
2008/10/13 名古屋 昼-1階に列 夜-2階こ列
2008/10/18 群馬 昼-1階17列 夜-1階20列
2008/10/25 富山 昼-2階M列 夜-2階N列
2008/10/26 長野 昼-3階ゐ列 夜-2階を列
2008/11/02 東京 昼-2階10列 夜-1階13列
2008/11/03 東京 昼-2階7列 夜-1階10列
2008/11/08 八王子 昼-1階16列 夜-1階21列
2008/11/23 千葉 昼-1階23列 夜-1階18列
2008/11/24 新潟 昼-1階5列 夜-1階13列
2008/11/29 梅田 夜-1階18列
2008/11/30 梅田 昼-2階4列 夜-1階17列

合計参戦数:25公演
いやいや遠征しすぎだろ…あと糞席多すぎw糞席でも数多く入ろうっていう意識でしたな。
思い出深いのは富山―長野の遠征とジャンプ禁止令が出た梅田かな。長野は逆ドリして踊りまくってた気がするw

【セットリスト】
1. OPENING
2. その場面でビビっちゃいけないじゃん!
3. みかん
4. MC
5. ペッパー警部
6. VTR映像(メンバー紹介)
7. TOP!
8. YAH!愛したい!
9. MC
10. インスピレーション!
11. Ambitiouns!野心的でいいじゃん
12. パープルウインド <高橋・新垣・久住・光井・ジュンジュン・リンリン>
13. レモン色とミルクティ <亀井・道重・田中>
14. MC <亀井・道重・田中>
15. タンタンターン!
16. 私の魅力に気付かない鈍感な人 <光井>
17. グルグルJUMP <久住・ジュンジュン・リンリン>
(18.INDIGO BLUE LOVE <新垣>)
18. 無色透明なままで <高橋>
19. Take off is now! <高橋・新垣・田中>
20. MC <久住・光井・ジュンジュン・リンリン>
21. どうにもとまらない
22. 恋のダイヤル6700
23. MC <高橋・新垣>
24. そうだ!We’re ALIVE
25. 女に 幸あれ
26. 浪漫~MY DEAR BOY~
27. ここにいるぜぇ!
28. MC
29. リゾナント ブルー
30. ENCORE:雨の降らない星では愛せないだろう?
31. ENCORE:MC
32. ENCORE:青空がいつまでも続くような未来であれ!

【個別感想】
1. OPENING
⇒めちゃくちゃシンプルなオープニングすぎて何も言えねえ><

2. その場面でビビっちゃいけないじゃん!
⇒多幸感溢れるこの曲でスタート。1曲目としてはかなり良い選曲だったと思う。ハッピーハッピーハッピーバースデーたなかっち!はリゾナントライブだっけな。いきなり言いすぎてメンバーもヲタもビビったっていうw

3. みかん
⇒今見ても良いなこの流れは。このころすでにみかんリゾナントの両輪だったんだよね。みかんを火付けに持ってきてリゾを締めに持ってくるのはやっぱバランス的に良かったんだろうな。

4. MC
⇒メンバー自己紹介MC。DVDでメンバー紹介MCを見たらジュンリンが見るからに慣れててびっくりした。春ツアーと秋ツアーでこれだけ違うのかと。っていうかリンリンかわいいよリンリン><

5. ペッパー警部
⇒黒歴史きた><とりあえずフリコピ頑張ったぜ。

6. VTR映像(メンバー紹介)
⇒このオープニングVはそこそこ良かった。

7. TOP!
⇒オープニングVからの流れでTOP!。No.5からの掘り出しでなかなか良かった。間奏では亀のソロダンス。最初はかなり激しかったけど途中から簡略化バージョンになった。やっぱ負担大きかったんだろうね。この頃から亀井=ダンスなイメージが定着したんだろうな。

8. YAH!愛したい!
⇒これも2枚目のベスト盤からの掘り出し。リリパット王国懐かしいw原曲版はやたらあいぼんさんの声が目立つんだよねw

9. MC
⇒ライブの説明。カバー曲やら新曲やら未発表曲もあります!っていうもの。あとは公演替わりでメンバーがする「ヤバい話」。こういうところでリピーター向けの配慮ありがたや~

10. インスピレーション!
⇒これも懐かしい系。恋レボのカップリングで2000年の曲。このツアーはこういう昔の名曲を上手く引っぱり出せたのが良い点でもあったんだろうね。

11. Ambitiouns!野心的でいいじゃん
⇒またもやアンビ。これで3ツアー連続。この当時ツアー=アンビだったからなあwそりゃフリも覚えるっちゅーねん。

12. パープルウインド <高橋・新垣・久住・光井・ジュンジュン・リンリン>
⇒レインボー7からの選曲。レインボー7では結構好きな曲だったから嬉しかったり。間奏では個人の軽いソロダンスがあった。この曲は完全にフリコピ曲だったな。

13. レモン色とミルクティ <亀井・道重・田中>
⇒公演ごとにメインが変わったレモン色。メインの場合1番全部歌うから、初日昼れいなが1番全部歌って1人スレが大荒れだったのが印象的。かわいい曲でコールやらフリコピやら楽しい曲。

14. MC <亀井・道重・田中>
⇒この頃からか6期MCがフリートーク中心になったのは。一応お題はあって、会場がある地域のクイズをれいなが出して亀とさゆが答えるって感じの流れ。確か結構面白かった。フリートークって良いよね、と思いだしたのもこのツアーからだろうな。

15. タンタンターン!
⇒東京厚生だけはきっかとさぁやも来て3人で歌ったけど他の公演では小春一人で歌ってた。スターライトタンバリン懐かしいなあ…

16. 私の魅力に気付かない鈍感な人 <光井>
⇒リゾナントLIVEのひとつの目玉、コンサート用に書き下ろした未発表曲をやります!ってやつの第一弾。初日は光井ソロかよwっていうのでだいぶ話題になった。さらに現場で盛り上がるから光井って人気あるんじゃね?って思えたエピソードも。でも今見るとまだまだ盛り上がりが甘いなwあと当時はみっつぃーコールで定着してたから今聴くと若干違和感。

17. グルグルJUMP <久住・ジュンジュン・リンリン>
⇒これも当時未発表曲。今や完全にキラーチューンだけど当時はそこまでの力はなかった。DVD見てもあれ?リンリンコールは?とか思っちゃうもんね。この未発表曲たちが良作だったのもこのツアーが良かったって言われる大きな理由だろうね。

(18.INDIGO BLUE LOVE <新垣>)
18. 無色透明なままで <高橋>
⇒ここは昼夜入れ替わりで愛ガキソロタイム。どっちもレインボー7からの曲。このツアー何故かレインボー7からの曲が相当多かったんだよね。

19. Take off is now! <高橋・新垣・田中>
⇒これも当時未発表曲。最初見た時はかっけーwって震えたな。思わずリゾナントブルーから想像するスレを思い出してしまったり。最後の締め方はこのツアーの締め方が一番カッコ良かったのにと今は思う。

20. MC <久住・光井・ジュンジュン・リンリン>
⇒小春VSジュンジュンのバトルMC。このツアーでだいぶジュンジュンのキャラが立ったよね。6期MCといいこのMCといいどっちも面白かったのはなかなか大きい。

21. どうにもとまらない
⇒カバーユーからの1曲。このツアーの2つ目の目玉カバー曲。山本リンダの名曲のカバーですな。亀がエロすぎてなんちゃら

22. 恋のダイヤル6700
⇒これもカバー曲。フィンガー5の名曲ですな。リンリンリリン~のパートをリンリンに歌わせるっていうねwこれはれいなプロデュースだとかなんだとか。

23. MC <高橋・新垣>
⇒カバーユーの説明と公演ごとにメンバー1人1人の話をしていくリーダーサブリーダー。9人でやってきて1年半、これまでで最もメンバー変動がない体制なんですよっていうのが今聞くと感慨深いものがあるね…

24. そうだ!We’re ALIVE
⇒後半戦スタートはこの曲から。相変わらず疲れる曲だなwシングル大全集のメドレーVerでも疲れたのに普通にやられると体力消費がハンパないぜ。

25. 女に 幸あれ
⇒連続ジャンプの後は激しいフリコピ曲。このツアーから間奏ダンスの前にオーイングが入ってさらに盛り上がりが増した感がある。やっぱこの曲がお蔵入りになってる現状は少し寂しいな。

26. 浪漫~MY DEAR BOY~
⇒冒頭の小春のアップが印象的な浪漫。決め顔からニヤッと笑う瞬間がたまらんのよね。イントロオーイングは相変わらず健在。DVDで見てもこの場面は相当凄い。でもウィアラ幸あれで相当疲れてるから浪漫が何故か休憩曲になるっていうハードラッシュだったなあとか思い出したり。

27. ここにいるぜぇ!
⇒ラッシュラストはここいる。途中にはコール&レスポンスコーナーがあったり。4回オイって叫ぶだけーってやつね。ジャンプしまくりでみんなも一緒に跳んでねー!って煽りがあるくらいなのに千秋楽梅田はジャンプ禁止会場って言うねwまあ3割引きくらいで跳んでたけど。

28. MC
⇒いやー盛り上がりましたねっていうのと次の曲紹介。もちろん最後はこの曲、「リゾナントブルー」っていう曲紹介よく覚えてるわ。

29. リゾナント ブルー
⇒そんなわけで本編ラストはリゾナント。冠ツアーだしこの扱いは妥当。みかんのとこでも書いたけどみかんとリゾの配置が絶妙だったね。

30. ENCORE:雨の降らない星では愛せないだろう?
⇒アンコール明けは雨降ら。今やミミタコな曲だけど当時は新鮮だった。ハロコンで全員バージョンで披露されて娘Verはこのツアーが初披露だったからね。

31. ENCORE:MC
⇒だいぶMCもフリートーク満載になってきたころかな。流石にMCの内容までは覚えてない。

32. ENCORE:青空がいつまでも続くような未来であれ!
⇒オーラスは若干合唱風味の青空。合唱してても最後にキーが上がる部分でかなり辛くなるっていうね。いやーいい締めでございましたと。

【まとめ】
個別感想絶賛しすぎで若干キモいなwでも前半の立ち上がりも良くて中盤に穴らしい穴もなくて後半ラッシュの火力も十分だし何を文句付けろと。MCもフリー満載になって面白くなってきたしね。いやほんとに良いツアーだったよ・・・
別窓 | 2008秋「リゾナントLIVE」 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

12/23 LUNA SEA『20th ANNIVERSARY WORLD TOUR REBOOT』@東京ドーム

3年ぶりのLUNA SEAライブ。3年前のクリスマスイブに行った時はマジでカッコ良すぎてビビった思い出が。そんな思いもあって今回はイープラスで早めにチケット確保して参戦決定。

2階1塁側-24列-304番
恐ろしいほどの天空席www後ろから2列目とかどんだけ糞席なのかと。こんなに上から見下ろしたことなかったからある意味新鮮だったけど。
この席の問題は最後列に非常用の照明があったこと。だから会場が真っ暗になるときでも明るいっていうね…台無しやん><
あと何故か凄く寒い会場…体感的に外より寒く感じたんだけど空調おかしくね?w

約45分おしで開演!これだけ押すなら愛ガキのディナーショーからはしご出来んじゃないかとw

【セットリスト】
1 LOVELESS
2 PRECIOUS...
3 G.
4 SLAVE
5 TRUE BLUE
6 Sweetest Coma Again
7 LUV U
8 gravity
9 UNTIL THE DAY I DIE
10 VIRGIN MARY
11 Dr solo
12 Be Awake
13 BREATH
14 STORM
15 DESIRE
16 TIME IS DEAD
17 ROSIER
18 TONIGHT

■Encore 1
EN1 I for You
EN2 NEW SONG (Days of Reputation)
EN3 Dejavu

■Encore 2
EN1 IN MY DREAM
EN2 WISH
EN3 FOREVER & EVER

【感想】
やっぱりRYUICHIはでたらめに歌上手いなww
モニターまですら遠すぎて個人の表情とか演出は全然見えなかったけど歌のうまさは再確認した。
後は感想箇条書き。
・1曲目は3年前と同じLOVELESS。変えてくると思っただけに少し意外だった。あとは3年前と同じくグラサンで登場のRYUICHI。なんかデジャブを感じたぞw
・TRUEBLUEになったら会場のボルテージが一気に上がった。真っ青に染まった会場で聴くTRUE BLUEは格別なもんですな。
・中盤はわからない曲も結構多くて参った。ほとんどアルバム聴いたはずなのに…と思ってたら唯一聴いてないLUNACYからの曲が多かったみたい。なんてこったい><
・STORMは前回見た時のインパクトほどはなかったなあ…何でだろう。
・DESIREやらROSIERやらは流石だよね…めっちゃカッコ良かったぜ。
・アンコール一回目はやっぱりきよしこの夜の合唱。なんでか理由はよくわかんないけどドームに響く女性の声のきよしこの夜は素敵だった。
・個人的にアンコ2回目でDejavuをやってくれて超嬉しかったわけで。いやこの曲凄い好きでカラオケでもよく歌ってるからねえ。
・WISHの最初の「IWISH!」は今回はちゃんと言えた。前回不意を突かれて言えなかったからなあ。銀テープの演出があったけど当然届かず。たまにはあーいうのが届く席に行きたいなw
・届く届かないで思い出したけどSUGIZOがよく水入りペットボトルを客席に投げ込んでてそれがめちゃくちゃ飛んでて凄かった。強肩すぎるだろw
・FOREVER&EVERは正直そんなに好きな曲じゃなかったけど今回行って印象変わりそう。

娘コン振り返りに比べるとなんて簡単なレポなんだろうかw
でも相変わらずかっこよかったしRYUICHIのボーカルは超人級だったし結構満足したんですよ。
ただ席が後ろすぎたのが…w次行くときはもう少し前に行きたいよね^^;
別窓 | LUNA SEA | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

総括編『モーニング娘。コンサートツアー2008春~シングル大全集~』

次は2008年春ツアー。このツアーはタイトルが発表された時からセトリがわかるっていうね。シングル曲を全曲やろう!っていうコンセプトが一番のツアー。ツアー始まる前はほんとに36曲全部やんの?みたいな意見も多かったり。ボンキュツアーで覚醒した俺にはかなりテンションが高いまま臨んだツアーだった。

【参戦公演】
2008/3/22 松戸 昼-1階11列 夜-1階14列
2008/3/23 松戸 夜-1階16列
2008/3/30 仙台 昼-1階H列 夜-3階C列
2008/4/06 八王子 夜-1階11列
2008/4/12 福岡 昼-2階13列 夜-1階13列
2008/4/13 福山 昼-2階LB2列 
2008/4/27 宇都宮 夜-1階12列
2008/5/06 大阪 昼-3階C列 夜-1階H列
2008/5/18 東京 昼-1階20列 夜-2階10列

合計参戦数:14公演
仕事が忙しい中でよく行ってるなあ。遠征もかなりしてるし。ただ夜だけ参戦が目立つのが今と当時の違いかな。オクが安かったせいか1階前方席が多いんだよね。初日松戸11列とかかなり高そうだけど。
思い出深いところは超良会場だった仙台サンプラザとめちゃくちゃ綺麗だった福山リーデンローズかな。この2つはもう使うこともないのかなあ…

【セットリスト】
01.リゾナントブルー
02.女に幸あれ
-MC- メンバー紹介
03.笑顔YESヌード
04.色っぽいじれったい
05.大阪恋の歌
-MC- 過去のシングル曲の思い出
06.悲しみトワイライト
07.Ambitious!~野心的でいいじゃん
08.浪漫~MY DEAR BOY~
09.Do it! Now(高橋ソロ→全員)
10.Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~
11.ふるさと(道重ソロ)
12.涙が止まらない放課後(亀井ソロ)
13.Memory青春の光(田中ソロ)
14.真夏の光線(新垣ソロ→新垣・高橋・田中・亀井・道重)
15.AS FOR ONE DAY
16.サマーナイトタウン
-MC- 6期メン(亀井の今日は何の日)
17.モーニング娘。のひょっこりひょうたん島(7&8期)
18.モーニングコーヒー(5&6期)
19.抱いてHOLD ON ME!
20.直感2~逃した魚は大きいぞ~
21.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
22.女子かしまし物語(各公演1人のみ)
23.GO GIRL~恋のヴィクトリ~
-MC- (新垣・亀井・ジュンジュン・リンリン)
24.THEマンパワー!!
25.シャボン玉
-MC-
26.I WISH
27.ハッピーサマーウエディング
28.恋のダンスサイト
29.そうだ!We're ALIVE
30.ザ☆ピ~ス!
31.恋愛レボリューション21
-MC-
32.ここにいるぜぇ!
33.みかん
34.歩いてる

~アンコール~
-MC-
35.愛あらば IT'S ALL RIGHT
36.LOVEマシーン
※19番~23番、26~31番はメドレー

【個別感想】
上のセットリスト改めて見ると物凄いなwフルコーラスは新曲リゾナントだけでひたすらシングルをこなす感じ。試練のツアーと後々語られるのも頷ける。JJやらガキさんやら腰やっちゃってたしツアー途中で愛佳が急性虫垂炎で休んじゃうし…なんてサバイバル><当然ヲタも結構大変だったわけなんだけどw

01.リゾナントブルー
⇒オープニングはリゾナントのクライクライ~みたいな感じ。今見るとそこそこカッコいい。当時の新曲だったんだよね。この頃はリゾナントがこの後方向性を決めるほどの偉大な曲になるとまでは思ってなかった。

02.女に幸あれ
⇒新曲2連ちゃん。激しいダンスナンバーを体力ある前半にやっておこうっていうことだったのかな。でもつかみとしてはかなり良い流れだったと思うんよ。あとオープニング衣装が絶妙に良い。

-MC- メンバー紹介
⇒オープニングVは幸あれベースのカッコいい系。まだこの頃は前半にメンバー紹介してたのね。まだ結構台本MCだったころ。あとジュンジュンの日本語が上手くなってるなあ。

03.笑顔YESヌード
⇒2007年楽曲大賞のこの曲。渋いよなあ。ライブで盛り上がるっていうより普通に聞いてると心地いい曲。これタイトルと歌詞が良かったらもっと評価されるのにと思う。個人的にはアルバムバージョンの方が好み。

04.色っぽいじれったい
⇒小春デビュー曲。娘フリコピ曲の中でも有数の楽しい曲。だんだんジュンジュンリンリンのパートも増えてきて慣れを感じさせるね。当時現場ではとりあえず踊り狂ってた印象しかないw

05.大阪恋の歌
⇒最初の関西弁の台詞がよっすぃーから愛佳になってようやく本物になったんだよね。この曲は寺田のおっさんが歌うのが一番かっこいいんだよ結局wとりあえずここもひたすらフリコピゾーン。

-MC- 過去のシングル曲の思い出
⇒毎公演違うシングルの思い出を何人か語るってコーナー。ちょうど36公演あって1曲1回語れるっていうナイスな企画。新しいエピソードがいろいろ出てきてなかなかおもしろかった。

06.悲しみトワイライト
⇒ここからはカッコいい系のラッシュ。ちょい渋ナンバーって紹介だったけど。DVD見てると愛ちゃんカッコ良すぎて惚れるわw

07.Ambitious!~野心的でいいじゃん
⇒続いてみんな大好きアンビ。ボンキュコンでやりまくった俺に死角はなかった。メンバー的にもこの辺は慣れてる曲だからそんなに負担ではなかったかな?ガキさんの行くぜオイ!がちゃんとDVDに収録されてて何より。

08.浪漫~MY DEAR BOY~
⇒このツアーのひとつの見どころ。アンビの決めポーズの右手突き上げからそのまま浪漫の最初のフリに行くんだよね。これは久々にDVD見たら超高まった。悲トワアンビ浪漫と来て前半なのに後半見たいな疲労感だったなあ。

09.Do it! Now(高橋ソロ→全員)
⇒そんなヲタもメンバーも疲れてるだろう所に愛ちゃんソロ。この厳しい流れでよくソロで普通に踊りながら歌いきれるもんだと今更ながら見てて思う。この時間俺も含めてヲタは結構休憩してたからね。DVD見てるとAメロBメロの愛ちゃんコールのしつこさに萎える。

10.Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~
⇒DINから高橋王子によるミスムン。吉澤後藤安倍パート全部歌ってるからほぼソロみたいな感じw男前な愛ちゃんがメンバー全員を侍らせる姿はなかなか見てておもしろかった。しかし愛ちゃんの負担ハンパねーな。

11.ふるさと(道重ソロ)
⇒これ初日はざわめきが起きたなあ。さゆソロ来た!wwみたいな。下手なりに一生懸命歌っておりました。

12.涙が止まらない放課後(亀井ソロ)
⇒なみとまも亀が歌うと途端にかわいい名曲化するなwみたいなやりとりが当時あったような。ここでも亀ヲタによるKYえりりんコールが行われるわけですが。いやー今だから懐かしいけど当時は結構イラっとしてたなw

13.Memory青春の光(田中ソロ)
⇒れいなはこの曲似合うねえ。ベストショットでも歌ってたし。完全タイガーで見てました。

14.真夏の光線(新垣ソロ→新垣・高橋・田中・亀井・道重)
⇒俺的にかなり好きなこの曲をガキさんがやってくれて嬉しかったなあ。しかし変な髪形してるなガキさんw最後のLOVEラブリーガキさんは蛇足だったようなそうでもないような。ガキさん喜んでたしまあ良いのかな。

15.AS FOR ONE DAY
⇒なつかしソングだよねえ。最初の台詞はさゆ。この曲とか当時とメンバー全然違うから一から覚えないといけなくて大変だっただろうね。2番ではちゃんとジュンジュンリンリンにパートが与えられたり。この曲のAメロLOVEコールは完全に悪しき伝統。これフリコピ全然覚えられなかった思い出。

16.サマーナイトタウン
⇒これも一から覚えないといけない曲だった。サマナイは最近の路線にマッチしてた曲だったしもう少しツアーでやって欲しかったりして。サビのドルフィンダンスがやってておもしろい。

-MC- 6期メン(亀井の今日は何の日)
⇒初の6期MCかな。まだフリートークではないけど亀が仕切って2人が答える感じのMC。さゆこの頃から結構毒舌なんだよねwこのMCが好評だったからこの後もツアーでも6期MC続いたんだなあとか。

17.モーニング娘。のひょっこりひょうたん島(7&8期)
⇒コメントすることが思いつかないwとりあえず小春の甲高い声が印象的w

18.モーニングコーヒー(5&6期)
⇒モーコーは当時の衣装風なのを着てやってたなあ。注目のBメロなっちパートはさゆみんw美味しいとこもってくなあさゆは。

19.抱いてHOLD ON ME!
⇒ここから1回目のメドレー開始。DHOMはいきなりラップから入ってねえ笑ってでサビでおしまい。ねえ笑ってはさゆwホント美味しい所はさゆだなあ。

20.直感2~逃した魚は大きいぞ~
⇒糞曲きたwメドレーで軽く終わらせておくのは正解だと思うのですよ。

21.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
⇒直感とセクボ若干MIXさせるようなつなぎからセクボへ。セクボはメドレーなんかで使って欲しくなかったってのが本音だった。ボンキュでの途中交代といい何故かセクボは冷遇されてるイメージ。

22.女子かしまし物語(各公演1人のみ)
⇒ルーレットで毎公演歌う人を決めてあとはサビ2回でおしまいっていうシンプルな感じ。でもこの演出はなかなか良かったと思う。リピーター的にも満足できたし。

23.GO GIRL~恋のヴィクトリ~
⇒メドレー第1部締めはGG。かしましからの流れはお見事。このメドレー何気に踊りまくりでフリコピやってるだけで結構疲れた印象。まだまだ中盤なのにね…

-MC- (新垣・亀井・ジュンジュン・リンリン)
⇒ほぼ完全台本の同時通訳MC。すみませんが完全休憩タイムです。

24.THEマンパワー!!
⇒このツアー以来聞いてないなマンパw実は結構好きだったりするんだけどなあ。

25.シャボン玉
⇒愛する人はれいにゃだけーな曲。前のツアーでもやってたからか流石の安定感。ジュンリンはAHとかOHとかの掛け声係だったんだなあ。

-MC-
⇒愛ちゃんの一人MC。これからモーニング娘。史上最も長いメドレーです!疲れちゃった人は座って盛り上がっても良いですよっていう内容なんだけど娘さんたち頑張ってるのに座れるわけなじゃないかw

26.I WISH
⇒最長ヒット曲メドレーはこの曲から。最初のパートが愛佳でずっこけたのもなつかしい思い出。

27.ハッピーサマーウエディング
⇒もうこの辺の曲は黄金期メンの印象が強すぎてメドレーでしかツアーじゃやんない曲なんだよね。まあフルでやられても困るわけだけどw結局最後までフリコピ覚えられなかった曲でもある。

28.恋のダンスサイト
⇒まさにヒット曲メドレー。この曲はあんまり好きじゃなかったり。セクシービームは亀はん担当。

29.そうだ!We're ALIVE
⇒ちょっとしたつなぎのダンスをしてのウィアラ。このタイミングでの耐久ジャンプ結構きつかった。

30.ザ☆ピ~ス!
⇒台詞部分は小春担当。こはりゅう。。。

31.恋愛レボリューション21
⇒ここでもつなぎのダンスをしてから恋レボ。ヒット曲メドレーの締めを飾るに相応しい曲だね。メドレーとは言いつつこの曲はショートバージョンみたいな感じ。しかし何度やっても飽きないし盛り上がるし凄い曲だなあ恋レボ。当時は間奏ダンスを覚えようと必死だったっけな。

-MC-
⇒メドレーの後ちょっとだけ暗転して水分補給してからここからラストスパートです!のMC。もうここまでで十分疲れてるんだけどねw

32.ここにいるぜぇ!
⇒ラストスパートのここいる~みかんはメンバーも言ってたけど相当辛かったと。ただでさえ体力使う曲なのにこんなツアーの終盤戦に持ってきちゃって…まあヲタも結構つらかったんだぜw

33.みかん
⇒そしてみかんね。もうこの頃にはキラーチューンになってたわけで。小春の「みかん行きます!」が懐かしい…しかし娘さんたち体力あるな。さゆのゲージとかもう真っ赤な気がするけどw

34.歩いてる
⇒本編ラストは歩いてる。久々に1位取ったりでやっぱり娘にとって大事な1曲。この曲がラストってのは全然異論なかったなあ。この体制でもし解散するんだったらやっぱラストソングは歩いてるだろうなあとかこのツアー中思ってたりもした。

~アンコール~
-MC-
⇒アンコ明けすぐMCだったんだなこのツアーでは。アンコールTだせえwまだMC内容はほとんど台本。いつからほぼフリーになったんだっけな…

35.愛あらば IT'S ALL RIGHT
⇒名曲すぎるだろ愛あら…ラブマよりこっちをオーラスに持ってきた方が締まるのに、と当時散々言ってたけどまあラストラブマってのは仕方ないかな。この曲の後半のどんどん盛りあがってくるところが凄い好き。

36.LOVEマシーン
⇒まあ締めはしかたないよねラブマ。この当時から飽きてるっていう凄い曲。しかしどうでもいいけど愛佳のおっぱいが凄い。当時からこんなでかかったのか。

【まとめ】
こうやって書いてても長すぎて超疲れるんだけどw36曲もよくやったなあ…メンバーもこのツアーをやりきったことで相当な自信がついたって言ってたしやっぱり重要な意味を持ったツアーだったんだなと思う。これでモーニング娘のシングルは全部歌える!って言えるわけだしね。
とりあえずヲタとしてもこのツアーほど体力を削られたツアーは無かったなwただあくまでシングル全部歌いますって企画もんだからツアーとしての評価は低くなっちゃうんだよね。
別窓 | 2008春「シングル大全集」 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

総括編『モーニング娘。コンサートツアー2007秋~ボンキュ!ボンキュ!BOMB』

亀ジュンリンの卒コンを終えてなんだか凄く懐古したい気分になっちゃったから、愛ちゃんリーダー体制が始まったボンキュツアーから最新ツアーまで懐古という名の総括をしてみたいと思う。自分が現場に行きまくったのもこのツアーからだしちょうど良いよね。出来れば今年中に終えて来年にはすっきりした気持ちで新体制を迎えたいね!

【参戦公演】
2007/09/22 大宮 昼-1階26列 夜-2階13列
2007/09/23 大宮 夜-1階19列
2007/10/14 神戸 昼-2階3列 夜-1階19列
2007/10/20 東京 昼-1階16列 夜-1階9列
2007/11/04 静岡 昼-1階19列 夜-1階16列
2007/11/24 東京 昼-1階12列 夜-1階20列
2007/12/01 東京 夜-1階22列

合計参戦数:12公演
当時はめっちゃ行った気でいたけど今思うと少ないな。しかし席の傾向は今とほぼ同じなのがウケるw

【セットリスト】
OP~SE:女に幸あれ
01:ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL
-MC-
(02:SEXY BOY~そよ風に寄り添って~)
02:みかん
03:Hand made CITY ※間奏でメンバー紹介VTR
-全員紹介MC-
-MC-美勇伝紹介
04:カッチョイイゼ! JAPAN(全員)
05:Please! 自由の扉
06:悲しみトワイライト
-MC-(亀井・道重・田中)
07:チャンス(月島きらりstarring久住小春(モーニング娘。))
08:好きな先輩(ジュンジュン・リンリン)
09:シャニムニパラダイス(高橋・新垣・亀井・田中)
10:いきまっしょい!
-MC-(高橋・新垣)
11:じゃじゃ馬パラダイス(美勇伝)
-MC-(美勇伝)
12:美~Hit Parade~(美勇伝)
13:恋する♡エンジェル♡ハート(美勇伝)
-MC-
14:男友達(光井+美勇伝)
-VTR-人形劇
(15:WASSUP?遠慮がテーマ(高橋+道重・久住))
15:ぎゅっと抱きしめて(高橋)
16:HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
17:シャボン玉
18:NATURE IS GOOD!
-MC-
19:Ambitious!野心的でいいじゃん
20:Go Girl~恋のヴィクトリー~
21:ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。
<アンコール>
22:HELLO TO YOU ~ハロー! プロジェクト10周年記念テーマ~(全員)
-MC-
23:女に幸あれ
(千秋楽のみ追加:24:青空がいつまでも続くような未来であれ!)
24:ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL

【個別感想】
DVD見ながらだけど思い出とか感想をつらつらと。懐かしすぎて目頭が熱いのは多分気のせい。

OP~SE:女に幸あれ
01:ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL
⇒オープニングは幸あれのインストから。初日行った時はやっぱ1曲目は幸あれか、と思ってたところに初披露のボンキュやられたもんだから唖然としたなあ。ヲタも乗り方がわからず超戸惑った感じ。あんな初日の1曲目は後にも先にもこれだけなんじゃないかなw

-MC-
(02:SEXY BOY~そよ風に寄り添って~)
02:みかん
⇒ここのMCはみかんの曲紹介だけ。10月20日にみかんが発披露されるまではセクボで、ここに新曲みかんを突っ込んできたことに当時ヲタ達は激昂してたっけ。かく言う俺も当時超不満だったし。しかしみかんがここまでのキラーチューンになるとは思ってなかったなあ。

03:Hand made CITY ※間奏でメンバー紹介VTR
⇒このツアーでついに初披露されたHMC。これのカッコよさに当時超惹かれた。間奏でメンバー紹介っていうのもカッコ良くて。2番のガキさんパート「熱い熱い夜だよねー!」が好きなのにこのツアー以来フルでやってくれないっていうもどかしさ…間違いなく俺の中でこのツアーを代表する1曲だろうね。

-全員紹介MC-
⇒そうそう当時は最初に全員紹介するんだったよね。まあ完全定型文なんだけど。ジュンジュンリンリンが初めてのツアーで…って言うの見てると感慨深いものがあるよ。

-MC-美勇伝紹介
04:カッチョイイゼ! JAPAN(全員)
⇒あとこのツアーは美勇伝が帯同してたんだよね。まだ新体制で不安だからってことだったのかな。個人的に美勇は好きだったから全然良かったんだけど、これが不満でしょうがなかったヲタも多かったみたい。確かにDVD見てると梨華ちゃんうぜーもんなw9期が入った娘。ももしかしたら春ツアー誰か帯同したりするのかな。うーん。。。

05:Please! 自由の扉
⇒このツアーやっていくにつれて個人的に評価が爆上げされた曲。イントロとBメロが凄く心地いいのとサビでの連続ジャンプが楽しかった。これも個人的にツアーを代表する曲で、ボンキュコンと言えばHMCと自由の扉を思い出すんだよね。

06:悲しみトワイライト
⇒吉澤藤本コンビの印象が強い曲だけどこの頃はまだ最新シングルとして歌ってたんだよね。DVD見てると愛ちゃん無双w自由の扉からのこのカッコいい流れはなかなか好きだった。

-MC-(亀井・道重・田中・JJ・LL)
⇒さゆが司会のほぼ台本コーナー。お題の答えは道重さゆみ、っていう流れ。当時のJJLLを考えると台本は仕方ないんだろうなあ。

07:チャンス(月島きらりstarring久住小春(モーニング娘。))
⇒きらり懐かしいw壮大な口パク流石です。このツアー入ったおかげできらり曲の中でもこれが一番踊れる。

08:好きな先輩(ジュンジュン・リンリン)
⇒もはや新人の登竜門の好き先。でもこれは5期の曲なんだからね!もう歌って踊ることでいっぱいいっぱいな2人が初々しかった。このツアーでほぼ唯一の活躍の場だけにこれは猛練習したんだろうなあ。

09:シャニムニパラダイス(高橋・新垣・亀井・田中)
⇒懐かしすぎて涙出てくるわ。すっかり最近のツアーではご無沙汰なシャニムニ。めちゃくちゃ盛り上がるんだけどねwもろ夏休みの歌なわけでツアーじゃ使いにくいのかな。当時もドゥワドウワダンスといいパカパカダンスといい超楽しかったのを覚えてる。DVD見てるとガキさんの若さにビビる。このころの全力ガキさん超好きだったな。

10:いきまっしょい!
⇒この曲と言えば忘れもしない神戸昼公演のマイクトラブルでの急遽ヲタ合唱。当時はヲタが歌うって分化がなかったのに突然全員でカバーしたのに感動してしまった。

-MC-(高橋・新垣)
11:じゃじゃ馬パラダイス(美勇伝)
⇒美勇伝の紹介とともに当時の新曲を歌う美勇伝。この曲は…最後まで好きになれず。

-MC-(美勇伝)
⇒美勇伝さんのおもしろMC。当時の娘。が台本MCだったからこのMCは何気にかなり楽しみにしてた。

12:美~Hit Parade~(美勇伝)
⇒Bメロの大好き!で飛ぶのだけが楽しみな曲。

13:恋する♡エンジェル♡ハート(美勇伝)
⇒これは今も歌い継がれる名曲。当時も楽しかったなあ。フリコピ超頑張ったもんな。サビのマワリだけは何があっても完コピしてた気がするw

-MC-
14:男友達(光井+美勇伝)
⇒愛佳を呼んで愛佳メインでの男友達。これが…w愛佳が超絶下手すぎてずっこける。これツアーの最初の頃はまだ聞けたんだけどツアーが進むにつれて下手になってって千秋楽ではマジで酷い。それがDVDになっちゃってるもんだから何かかわいそう。あ、あと当時はみっつぃコールだったんだよね。

-VTR-人形劇
⇒美勇伝説仕込みのおもしろ人形劇。初日見た時は大爆笑だったけど当然にだんだん飽きてくるわけで。んーこれは良し悪しだよねえ。

(15:WASSUP?遠慮がテーマ(高橋+道重・久住))
15:ぎゅっと抱きしめて(高橋)
⇒セトリ改変前のWASSUPが超カッコ良かったのに…何の映像化もされなかったから当時行った人の記憶にしかないんだよね。マジで残念なこと。DVDの特典映像とか期待してたのに。

16:HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
⇒今ほど凶悪ではないけど当時もかなりの盛り上げナンバー。ここから一気に後半戦になるんだよね。ただこのツアーではBメロのフリが変わっててフリコピがやりにくくてしょうがなかった。このフリにはもう戻さないで欲しい。しかしこの曲はこのころからガキさんの煽りが激しい曲だなw

17:シャボン玉
⇒ジャンプの後はヘドバンですかっていう。今思うとかなりハードだなこの流れ。当時の記憶はそんなにない。台詞部分を石川さんから伝授されました!って亀がMCで言ってたことぐらいかな。

18:NATURE IS GOOD!
⇒ガキれな2人で歌ってるNIG。東西南北ボードはよく覚えてるぜwサビのフリが簡単でみんなでやろう!っていうやつだった。

-MC-
⇒モーニング娘。Take off!っていうMC。このくだり好きだったなあ。

19:Ambitious!野心的でいいじゃん
⇒で当然この曲。当時からアンビは好きだった。フリ覚えるため頑張ったりもしたし。この曲のフリは歴代の娘。のシングルでも有数のカッコよさだと思うわけで。ガキさんの間奏前「行くぜ!」はこのころからやってるんだねw

20:Go Girl~恋のヴィクトリー~
⇒誰でも踊れるダンスナンバー。最近はハロコンやら新人公演でばっか聞いてるなあw次の春ツアーには間違いなく入ってきそうな曲だよね。簡単だし。

21:ラヴ&ピィ~ス!HEROがやって来たっ。
⇒この流れでラブピは結構きつかった。このツアー汗超かいたもんなあ。DVD見てたら英語で愛は?LOVE!平和は?ピース!のくだりが懐かしすぎた。

<アンコール>
22:HELLO TO YOU ~ハロー! プロジェクト10周年記念テーマ~(全員)
⇒DVD公演はアンコール何故かえりりんコール。これほんとにね…凱旋って意味だったんだけど東京で凱旋てwしかもDVD日にかぶせるってw当然に亀ヲタ大バッシングにあってた。HELLOTOYOUのAメロもユニゾンなのに全部えりりんコールw確かに10月20日ガキさん生誕コンした時も全部ガキさんコールだったんだけどさ…それは良かったんだけど。しかしこの曲もこのツアー以来どこでも聞かなくなったな。

-MC-
⇒当時はほっとんど台本MC。えりりんコールに触れてるのが亀1人っていう悲しいDVDになっちゃってます。

23:女に幸あれ
⇒モーニング娘。とファンのみなさんに幸あれ、と始まるこの曲。やっとジュンジュンリンリンのパートがwここまで好き先以外ホントに後ろで踊ってるだけだからね。この曲のフリコピはかなり楽しいんだよね。

(千秋楽のみ追加:24:青空がいつまでも続くような未来であれ!)
⇒この当時は千秋楽1曲追加はなんか当たり前だったんだよね。カレーコンでのGG追加がどうとかこうとか俺行ってないからわかんないけどw

24:ボン キュッ!ボン キュッ!BOMB GIRL
⇒幸あれで終わったかなーと思ったら突然また始まるボンキュ。ボンキュで始まりボンキュで終わるボンキュツアー素敵やん?でも結局この曲最後までフリコピ出来なかったw

【まとめ】
高橋リーダー新体制初ツアーは美勇伝の力も借りて勢いで乗りきった!みたいなツアー。今見るとやっぱり完成度は低いように感じる。愛ちゃんもまだまだ若くて全然リーダーに見えないし。しかしジュンジュンリンリン出番少なすぎる…wまあ仕方ないんだろうけどね。後はまだやっぱ所々で全盛期のアイドル風な娘コンらしさを感じる部分が多いね。
でもこのセトリは個人的に凄い好き。美勇伝も好きだから言えるんだろうけどね。後半の盛り上がりとか申し分ないし前半の掴みも強力だし。中盤の中だるみも人形劇ぐらいだしね。当時俺を現場に引き込んだ魅力は伊達じゃないってか。間違いなく楽しい楽しいツアーでした。
別窓 | 2007秋「ボンキュ!ボンキュ!BOMB」 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

12/15 モーニング娘。『コンサートツアー2010秋~ライバル サバイバル~亀井絵里・ジュンジュン・リンリン卒業スペシャル』@横浜アリーナ

ついに来てしまった秋ツアー最終公演横浜アリーナ。この公演で亀とジュンジュンとリンリンが卒業する。卒コンだし娘としては超久々の横アリだしなんか異様な感じだよね。
この日は水曜日のど平日。地方社会人ヲタとかは来れない人も多かっただろうなあ。。。かく言う自分もその日は仕事休めずに仕事帰りに行くしかなかった。
定時の5時半に仕事を切り上げてタクシーで東京駅へ。新幹線を使って新横浜についたら時間は18:15。よし間にあった…しかし新幹線は偉大だな。この日の会場が横アリで良かったと思った瞬間。SSAだったら在来線乗り継ぐしかないもんね。
会場についてフラフラしてたら知り合いに遭遇。頼んでたファイナルTは列が長すぎて断念したそうで。結局売り切れたみたいだしアリーナクラスの人の多さを実感。ナインスマイルの時は余裕で買えたのにね。
会場に入ると人人人…平日のくせに立ち見まで普通にいる事実に感動しながら席へ。

アリーナ-B9列-60番あたり
舞台ほぼ正面でそこそこ見やすい席だった。センター席の動向が見れるからアリーナ席ってのはなかなか良い。席についてスーツからヲタTにジョブチェンジ。革靴は危ないから装備解除して靴下参戦。
左は知り合い。来れて良かったね^^右は長身亀ヲタ。軽くフリコピ声出しの多分あんまり現場に来慣れてない人。でもこういう人を来させるためにアリーナにしたんだよね。より沢山の人に見てもらいたいっていう。

異様な高まりの中開演。まもなくアナウンスからのコールとかも流石卒コンって感じだった。

【セットリスト】
- メンバー紹介~全体ダンス
01.そうだ!We're ALIVE
02.Hand made CITY
- OPENING MOVIE
03.あっぱれ回転ずし!(ショート)
- MC
04.泣き出すかもしれないよ
05.女が目立って なぜイケナイ
06.強気で行こうぜ!
- MC(亀井・道重・田中)
07.【メドレー】私の魅力に 気付かない鈍感な人(光井、BD:JJ・LL)
  ~キラキラ冬のシャイニーG(田中)~It's You(道重、BD:高橋・亀井)
  ~元気ピカッピカッ!
- MC
08.愛され過ぎることはないのよ
09.大きい瞳(亀井・道重・田中)
10.新垣ソロ(夕暮れ作戦会議)
11.高橋ソロ(スッピンと涙。)
- 感謝の手紙
  リンリン~渡良瀬橋
  ジュンジュン~ふるさと
  亀井~春 ビューティフル エブリディ
12.青春コレクション
13.気まぐれプリンセス
14.踊れ!モーニングカレー
15.3、2、1 BREAKIN' OUT!
16.グルグルJUMP ※間奏で「モー」「ニン」「グー」「サー」「イー」「コー」
- MC
17.友(とも)

〔EC〕
01.女と男のララバイゲーム
-卒業セレモニー-
02.雨の降らない星では愛せないだろう?
03.愛あらばIT'S ALL RIGHT
-MC-
04.涙ッチ

【感想】
結局セットリストはAパターン+αって感じのもの。ポイントごとに書こうと思うけど結局全部になりそう…

- メンバー紹介~全体ダンス
01.そうだ!We're ALIVE
⇒開演してから一気にサイリウム点灯!いや壮観だった…やっぱりアリーナでやるハロのライブの迫力は凄い。あの数のサイリウムが一斉に動く様子とかセンター席がみんなジャンプしてる光景は他のアリーナコンじゃあ体験できないもの。この規模で一体感感じれる娘コンって素敵だなって思ったり。全体ダンスでは炎のパフォーマンス。事務所頑張ったなwチケ代安かったからこんな演出期待はしてなかったんだけどねwあとモニターに映ったガキさんの顔を見て思わず笑ってしまった。なんでこんな大事な日に糞メイクで来るんだよガキさんwww

02.Hand made CITY
⇒センターステージに行きながらのステージング。何度聴いてもカッコいいぜこれは…アリーナクラスでも全然負けてなかった。モニターに映った愛ちゃんの表情に鬼気迫るものがあったのをよく覚えてる。あと、この曲の冒頭で愛用してた電池式緑サイが何かに引っかかって前の方に2本とも吹っ飛んだ。誰かにぶつかってないか心配だったけど軌道見てたら大丈夫そうで良かった。結構前に飛んだから終演後に取りに行くことに。それからはオレンジと青とパステルブルーのサイ3本持って参戦。きっと緑サイじゃなくてこうやって参戦しろよっていうお告げだったんだろうな。結局終演後探しても緑サイはみつからず…昨日電池替えたばっかなのに…

- OPENING MOVIE
03.あっぱれ回転ずし!(ショート)
⇒オープニングムービーでの声援も今までの2割増しくらい。亀の時の声援は半端なかったけど。ムービー見ながら次何来るのかなーまさか回転寿司そのまま来ないよなwとか思ってたら…来たwこれはマジで疑うわ。。。とりあえず申し訳程度にショートになってたけど。削るならこの曲がまず第一候補だろうとw

- MC
04.泣き出すかもしれないよ
⇒MCのいつもの卒業の下りは無し。泣き出すかも~は遠すぎて良く見えなかった。

05.女が目立って なぜイケナイ
⇒サビではセンターステージを使ってPVみたいにファッションショー風な感じでやってた。うむこの使い方は間違ってない。最後の決めで順番にサイが上がるのが綺麗って亀が言ってたのを思い出してすこししんみりした。

06.強気で行こうぜ!
⇒アリーナだと少し映えた…のかな。センター席の方がジャンプジャンプしてるの見てたらこの曲入ってて良かったなと初めて思えた。

- MC(亀井・道重・田中)
テーマは「暴露大会」。6期最後だし、6期といえば毒だしってことで暴露大会に。
・(さゆ→亀)ガキさんと絵里がうちに泊まりに来た時にパンツ一枚で歩き回るの。でパン一でブーツ履き出して鏡に映って見てーとかやるんだよ!
・(れな→亀)この前JCB公演の後で全員で打ち上げやったと。その時初めて絵里のプライベート見たけど若干引く。ロデオマシンにアフロかつら乗せて自分も乗ってねえ見てーとかやってた。
・(亀→れな)サングラスをかけるタイミングがわからない。車の中とか楽屋とかでサングラス掛けるのが意味不明。ただでさえ怖いのに余計怖くなるんだけど。
・(れな→さゆ)娘ってイメージカラーがあるやん?れいな本当はピンクが良いと。でもさゆがいる限りピンクになてんわけよ。(さゆ)<何それ私に辞めろってこと?w私はまだ居座りますからw

⇒6期ラストのMCがこんなんで良いんだろうかwまあ6期らしいっちゃらしいか。今回もいろんな話で楽しませてくれた6期MC。春ツアーからは9期入るし台本中心になるんだろうなと思うと寂しいなあ。

07.【メドレー】私の魅力に 気付かない鈍感な人(光井、BD:JJ・LL)
  ~キラキラ冬のシャイニーG(田中)~It's You(道重、BD:高橋・亀井)
  ~元気ピカッピカッ!
⇒ここから横アリバージョンに変更。亀ソロとJJLLソロが無くなった。鈍感のアリーナ映え具合は謎w時代が時代ならヲタ芸大会になってただろうなwしかしこんな満員のアリーナでソロで歌えたら気持ちいいだろうなあ。客は異様に盛り上がってるしwシャイニーGとIt's Youはいつもどおりな感じで…欲を言えば元ピカはフルコーラスにして欲しかった。8人体制を象徴する1曲だと思ってるだけにね。

- MC
08.愛され過ぎることはないのよ
⇒人が多いからかいつもは入らないAメロでのLOVEコールが聞こえたりして少し違和感。あと2番のサビでジュンジュンがちょっと歌えてないのを聞いて泣いてるのかな、と思った。これ後で歌い継ぐんなら2番サビは誰が歌うことになるんだろうか…

09.大きい瞳(亀井・道重・田中)
⇒なんちゃってを飛ばしていきなり大きい瞳へ。6期ラストの大きい瞳だけあって3人もヲタも気合入りまくりだった。れいなが泣いちゃって歌えないかも、とか言ってたけどそんなことはなかったねwBメロの絵里コールの大きさは流石…みんな全力でやってたからなあ。つくづく6期最強だな、と思った曲。これはしばらく封印してくだされ><

10.新垣ソロ(夕暮れ作戦会議)
⇒ここでガキさんソロ。Aパターンなら愛ちゃんのはずだったけどここはハイブリッド。ガキさん泣く寸前だったように見えたけど最後まで歌いきってた。俺の方も泣く寸前だったんだけどねwとりあえず男友達じゃなくてこっちの曲で良かったよ。

11.高橋ソロ(スッピンと涙。)
⇒続けて愛ちゃんソロ。流石に上手いなあ…ここもシークレットよりこの曲の方が良い。最後の静かになる場面ではKYヲタが愛ちゃーん!で台無しに。うむこの辺も流石アリーナ…

- 感謝の手紙
(リンリン)
ソロコーナーの紹介があって間もなく会場がパステルブルー一色に。凄い…正直こうなるとは想像してなかった。一番の不人気メンのはずのリンリンカラーで染まる横浜アリーナ。この時点でもう軽く泣きそうになったり。パステルブルーなんてダイソーにしか売ってないのにね…やっぱ良いなあこの一体感。リンリンの手紙の内容はだいたいこんな感じ。
・日本に来て一人暮らしをして慣れて無くて悲しい時に新しい家を作ってくれたみなさんありがとう。
・ファンレターとか握手会とか一生懸命中国語で話そうとしてくれてうれしかった。
・私一人っ子対策の一人っ子だから、姉妹が出来た気持ちになって凄い楽しかった。
・つんくさんモーニング娘。という素敵な家族に連れてきてくれてありがとうございます。
・みなさんはリンリンにいつも幸せになって欲しいって言ってくれてました。こんなに思ってくれる皆さんがいるから私幸せですよ!
・私からのお願いも聞いて下さい「みなさん、リンリンより幸せになってくださいね!約束だよ!」

⇒もうみなさん幸せになってくださいねのくだりで涙腺決壊…こんなに苦しい感じで涙出たのは久しぶり。リンリンずるいよリンリン…

(渡良瀬橋)
⇒何故この曲なのかは正直わからなかった…日本に来た当時によく聞いてたとかなんだろうか。最後までリンリンは上手かった。

(ジュンジュン)
リンリンと同じく青サイ祭り。前のツアーでジュンジュン言ってたよね自分の色のサイ祭りが見たいって。誕生日も凱旋もないからみんながずるいって。最後の最後で叶って良かったね…。正直聴きとりにくかったけど内容はこんな感じ。
・日本に来てからの体験したいくつもの初めて、そこにはいつもファンのみなさんがそばにいてくれた。
・外国人として入った時認めてくれるか不安だったけど、国とか関係なく応援してくれて感動した。
・そんなファンの皆さんはジュンジュンの誇りです!
・みなさんはジュンジュンにとって日本の大切な家族です。家族はどこに行ってもずっと一緒。だから家族のことを忘れられない。
・ジュンジュンが腰を悪くした時一生懸命応援してくれたこと、ジュンジュンとリンリンが100回目の公演、200回目の公演、300回目の公演でみなさんがお祝いしてくれたことも忘れられない。
・卒業バスツアーでみなさんが大雨の中でサプライズしてくれたこと忘れられない。
・また中国に帰ってもみなさんのため、大好きなモーニング娘のために頑張るからね。
・日本に来て、みなさんに出会えて感謝しています。本当に愛してますよ。

⇒腰を悪くしたとか100回公演とかいろいろ思い出したなあ…横断幕懐かしいね。ジュンジュンは本当に娘。愛に溢れてるなと実感した手紙だった。

(ふるさと)
⇒イントロで軽い歓声。ちょうど1年前に小春卒コンで聴いたのがフラッシュバックした。最後まで小春とジュンジュンは良いコンビだったってことだろうか。しかしジュンジュン下手だな…w泣きながらだから余計にアレだったけど気持ちは伝わったぜ。

(亀井絵里)
ジュンジュンが終わった瞬間に灯るオレンジサイの数々…ウルトラオレンジもたくさんで異常な明るさにアリーナが包まれた。これは凄かった…まさに最後の祭りに相応しいほどの圧倒的な火力。俺もどうせなら持ってくれば良かったな、と少し後悔。泣くまいと我慢しながら読んだ手紙の内容はこんな感じ。
・デビューしてから約8年間、あんなに沢山笑ったり泣いたり感動したりしてきてのが今となってはもう夢の中のようです。
・バスツアーでの大雨の中サプライズをしてくれて、一緒に元気ピカピカを歌ったあの一体感、今でも忘れられない最高の思い出です。
・今になってようやく思いました。一人じゃここまで来れなかったこと。卒業を発表してからの4ヶ月間、これほどまでにファンのみなさんの温かみを感じられたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。
・1人じゃ作れないメンバーとの大切な思い出。今でも忘れられないのがシングル大全集ツアーのリハーサルで体力づくりで2人ひと組になって腹筋をしたこと。あの時の筋肉痛は本当にきつかったね。
・6期が加入して初めて1位を取った歩いてる。本当にうれしかった。順位が全てではないけど1位を取ることは誇らしく思えたし、何よりファンのみんなが喜んでくれたこと、本当に感動しました。
・私にはここから新しい自分との戦いが始まります。みなさんがくれた力を胸に、自分に負けず頑張ります。
・人生には、どんな人にも大なり小なり試練が待ってると思います。私はあきらめないで、自分に負けないで幸せな人生を歩んでいくつもりです。
・モーニング娘。になれて良かった。メンバーと頑張ってきて良かった。ファンの皆さんと出会えて良かった。そして、自分が亀井絵里として生まれてきて良かった。モーニング娘。は永遠の愛の形、いつまでも私の宝物です!

⇒あぁ引退するんだなと実感しちゃうスピーチ。亀井絵里として生まれてきて良かったでまた涙。あんなに自分に自信が持てないとか言ってた子だったのにね・・・

(春 ビューティフル エブリディ)
⇒卒業ソングは春ビュ。これは少し以外だったけど確かに亀ちゃんっぽい曲No.1だから納得。ほんわかとした歌を歌わせたらこの子より映える子はいなかったなあ。「今日はこの先の未来より一番若いんだし~」のとことかなんか凄くマッチしてて良いなあとか思ってた。すごく絵里が好きよーのキモコールも今回ばかりは全力でやった><

12.青春コレクション
⇒感動のセレモニーから通常営業へ。外周をいっぱい使ってのパフォーマンス。結構近くまで娘さんたち来てくれたなあ。

13.気まぐれプリンセス
⇒やはりAパターンなのかと実感。JCBと違って席間が広かった分それなりに踊れた。しかし卒コン仕様で凄い盛り上がりだった。

14.踊れ!モーニングカレー
⇒アリーナで見ると結構印象が違うなと思った曲。センター席が上下にフリをしてるとことか見てると壮観。やっぱこの曲は大人数でやってこそなのかな。

16.グルグルJUMP ※間奏で「モー」「ニン」「グー」「サー」「イー」「コー」
⇒来たぜ横アリグルジャンwラストに相応しい異常な盛り上がりだった。コールの声でかすぎw最初の肩組みで隣の亀ヲタ巻き込もうかと思ったけどオドリストじゃないからやめておいた。サビで回ってもなかったしあの選択は間違ってなかったはずwサビの回り具合は俺も回ってるからわかりません><とりあえず俺の周りは4割ぐらい…かな?しかしこの曲のオリメンもこれで全員卒業したわけなんだよね…Bメロ全力リンリンコールもこれでラストかと思うと寂しすぎるぜ。。。

- MC
17.友(とも)
⇒最初のAメロ合唱は上手くいかず。やっぱアリーナだと厳しいな。予想はしてたけどこの曲でかなり泣きそうになる。終盤サビ前の手を合わせてあげるところでは会場の照明が一旦暗くなって、あげた瞬間に会場全体に星みたいな小さい照明が一気に点灯。卒業する3人を真ん中にしてサビを涙声で歌う8人。もうね…涙せずにはいられないわけですよ。。。

〔EC〕
01.女と男のララバイゲーム
⇒アンコールは白サイみんなで持ってえりりんジュンジュンリンリンコール…のはずがテンポが早すぎるせいか全然揃わない。俺もタイミング掴めずに微妙な感じで終わってしまった。これは最大の失敗だな。今までの卒コンで一番酷い><3人コールは難しい上に揃いにくいアリーナ。こればかりは3人同時卒業させた事務所を恨むしかないのかな。。。
全員白サイ持った中でのララバイゲームはなかなか壮観wみんなAメロで手を回すもんだからセンター席が凄いことになってたw愛ちゃんの溜め時間も過去最長!よくあんなに息が続くもんだ…さらによくタイミング合わせられるもんだ。やっぱすごいよ高橋愛。

-卒業セレモニー-
ちょっと危惧はしてたけどやっぱりララバイゲームの衣装でセレモニーやっちゃうのね…超不評なサリーちゃん衣装で最期を飾るとはちょっとというかあまりにも残念。セレモニーは残る5人メンから卒業する3人へそれぞれメッセージを送る形式。順番は愛佳→れいな→さゆ→ガキ→愛ちゃん。

(愛佳)
-ジュンジュン
・最初受け入れられなくて、嫉妬した時もあって…もっと素直に受け止めてあげれば良かった。
・たくさんのありがとうとたくさんのゴメンネがある。今までありがとう。
-リンリン
・明るいし元気やし最強のムードメイカーやから、リンリンマンが来てくれたからモーニング娘は明るいメンバーになれたんだと思う。
・色々優しく教えてあげられたら良かったのに厳しくなっちゃったりしてゴメンネ。
-亀井
・亀井さんには凄く甘やかされました。愛佳が色々な状況にぶち当たった時に、一番に亀井さんが連絡してくれたんです。ちょっと収まったころくらいに。
・仕事場ではあまり話さなくても一緒に食事に行ったら凄く良く喋って、凄く喋りやすかったです。

⇒終始鼻水が…って嘆いてた愛佳w8期の溝はやっぱりあったんやねえ。というか亀はやっぱメンバーのことよく見てるんだねと実感したエピソードでもあった。

(れいな)
-ジュンジュン
・今日は絶対泣かないでおこうと思ったのに。(顔見た瞬間号泣)
・初めて安心できるっていうか落ち着くメンバーだった。
・移動の時のとかマネージャーさんにJJの隣にしてってお願いしてた。会話はないけど落ち着く。
-リンリン
・ふざけた子やねってずっと思ってた。最初はちょっと空気読んでよって思ってた。
・れいなが不機嫌な時は誰も近寄ってこなかったけどリンリンだけは突っ込んできてくれた。その明るさが大好きです。
-亀井
・最初に卒業するメンバー聴いた時に絵里は無いと思ってただけに声も出ないほどショックだった。
・本当はみんなに聞かされる前に同期として最初に言って欲しかったなって。
・れいなの夢があってね、モーニング娘を6期で引っ張って行きたいって。3人でっていう夢はかなえられんけど、さゆと一緒に頑張るけん。

⇒れいなとジュンジュンは結構ガチだったもんね。ボロ泣きで超長い抱擁をしてた。あとリンリンがいなくなったら不機嫌れいなをどうすればいいと?w亀れなは不仲説とかあったけどどうだったんだろうとか聞きながらすこし思い出してた。

(さゆ)
-ジュンジュン
・ジュンジュンには…いっぱい酷いこと言ったね。(ジュン)<覚えてないよ
・バラエティで一緒に出た時もジュンジュンが活躍したのめっちゃムカついて。なのにもう一緒に出られないんだよね
・こんな最低な先輩なのに、しつこく道重さんって言ってくれてありがとう。
・(ジュン)<初めて日本に来て写真を見て、この子かわいいな、って思ったのが道重さんだったんです。(さゆ)<やっぱりそう思うよね。ジュンジュンもさゆみの次の次の次の次ぐらいにかわいいよ!(ヲタ)<えええええええ
-リンリン
・リンリンはホントに良い子だと思う。だからリンリンといるとさゆみの悪い所が際立つから正直もうちょっと汚れればいいのにと思ってた。
・かわいいキャラがうざがられるようになってもリンリンだけは道重さんが一番かわいいって道重さんが一番面白いって言ってくれて。
・人が喜ぶこととか周りが幸せになれることとか考えられるリンリンが本当に凄いと思ってて。こんなに体が小さいのに尊敬する所が沢山あって…大好きです
-亀井
・えっと…なんて言っていいかホントにわからない。
・絵里が卒業決めた時も何にも出来なくて…それでもそばにいてくれるだけで心強いって言ってくれて。
・卒業のライブも絵里のために3人のために頑張ろうと思ったんですけど…正直言って足を攣りました。
・春ビューティフルを見て…ずっとさゅぇりでやってたのに、いつの間に先を行かれたんだろうって。

⇒さゆ人間臭いよさゆ。。。そんなさゆが俺は好きですけど。さゆえりの所はホントに全然まとまってなかった。あのしゃべりだけは上手いさゆがこんなにまとまりのないトークをするなんてよっぽどいっぱいいっぱいなんだなあって。

(ガキさん)
-ジュンジュン
・初めてジュンジュンリンリンが来たときは不安もあって…でも日本に来てくれて本当にありがとね。
・一緒に頑張ってくれて、娘を愛してくれてほんとにありがとう。卒業してもずっと仲間だから。
-リンリン
・仕事がない日とか、みんなに会えないからずっと仕事してたいとか私たちのことを本当に兄弟とか思ってくれた。
・親元離れて一人暮らしで…オリジン弁当ばっかり食べて…
・毎日パワーをいっぱいもらいました。一緒に頑張ってくれてありがとう!
-亀井
・入って来た時は同じ年が入って来たって思って。最初はホントに蚊のなくような声しか出せなくて。毎日声が小さいとか怒られてたのに、今はがーきさーんとかやってくれて。
・私の方が先輩なのにいっぱい悩み事とか聞いてもらったりして。
・卒業してもずっと一緒にいたいなって思って…
・これから先お化け屋敷に入ったらちゃんと進行方向に逃げてね

⇒涙こらえながらいろいろネタを言うガキさんwジュンジュンリンリンには先輩っぽくコメント。亀に対しては同期のような感じなんだろうなあ。しかしお化け屋敷ネタを引っ張ってくるとはなかなかやるなw

(愛ちゃん)
-ジュンジュン
・最初加入してきたときは挨拶ができなかったりして、そこから教えてたジュンジュンが…ここまで着いてきてくれてありがとう。
・ホントに厳しいことも言ったと思うし、泣きながら怒ったこともあったけど弱音ひとつ吐かずに着いてきてくれて。成長して行く姿を見るのが楽しみだった。
・これから中国に帰って、色んな壁にぶち当たると思うけど、うちら家族だから。また連絡ください。
-リンリン
・あたしのことホントのお姉ちゃんと思って慕ってくれた。あたしも妹だと思ってた。
・リンリンとは不思議な絆みたいなものを感じる。連絡しようと思ったらお互いにメール作ってたり。これからもそういう風に連絡ください。
-亀井
・絵里は凄い不思議だなって思う。自然に周りに人を集める力がある。
・凄い周りをちゃんと見てて、ホントは私の仕事かもしれないのに、そこ注意しようと思ったら絵里がしてくれたりしてて。
・悩んでる所が凄い似てて。一緒に食事とか行った時に凄い愚痴っちゃってごめんなさい。

⇒号泣するかと思われた愛ちゃんだけど最後まで気丈にふるまってメッセージを伝えてた。ジュンジュンリンリンはやっぱり愛ちゃんに相当感謝してるのかな、今までの中で一番号泣してた。特にジュンジュン。

(ジュンジュン)
・私を日本に連れてきてくれて、こんなに素晴らしいグループには入れてとっても感謝してる。
・最初はなんで私が選ばれたんだろうって思った。日本語も何もわからないし、歌も上手くないし、反応も若干遅いし。でもそんな私が入れて凄いラッキーだなって思って。
・モーニング娘。は宇宙最高のグループだと思います!みなさん大好きだよ!

⇒途中の下りはあまりにまとまりがないから割愛。宇宙一とは大きく出たなジュンジュン。

(リンリン)
・自分が娘に入ってみんなと出会えることが、私どんだけラッキーな人なんだろうって。きっと私前世が凄い良いことしたから、こんな素敵な皆さんと出会えることが出来たんだと思います。
・パパママがいない分、みんなが家族になってくれて、リンリンに新しい家を作ってくれて…
・リンリンが何しゃべってるか自分でもわかんない時でもみんなわかってくれて、気持ちがつながってるんだなあって感じたり。
・今は8人で一緒に歩いてきたんですけどこれからは一人で歩かなきゃいけないんですけど、私怖くないんです。だって頭を上げてみたらずっと同じ青空がつないでるじゃないですか。だから、みんなもリンリンのこと忘れないで。

⇒やっぱり良い子すぎるだろリンリン。前世じゃなくて今世で良いことしてるんだよリンリン。青空のくだりでこの後の曲は青空か、と思ったりもした。

(亀井)
・卒業発表するときは自分の弱い部分を発表するから本当に怖かったけど、メンバーがいてくれてしっかり発表することが出来ました。
・一緒にステージに立ってる時に凄くキラキラしてて、カッコ良くてかわいくて、今楽しいんだなってのが伝わってきて。私も同じ気持ちでパフォーマンスしてきた。
・こんなにカッコいいメンバーとここまで来たことを凄い誇りに感じるし、今日来てくれたファンのみなさん、今日来れなかったファンのみなさん、みんなみんながいてくれたから私は今日ここまで来れた。
・明日からはモーニング娘。の亀井絵里じゃなくなるけど、みんなに負けないようにキラキラして生きたいと思います。

⇒軽く泣きながらのスピーチ。俺もなんか泣きそうだったし。明日からは娘じゃなくなるって直接言われると来るものがあるよね…

02.雨の降らない星では愛せないだろう?
⇒亀のスピーチが終わった直後何故か一瞬「愛あら」のイントロが。すぐ止まって雨降ら開始。これはPAやっちまったな…ヲタならあの一瞬のイントロでわかっちゃうんだよ><
雨降らを聞くとどうしても思い出すプラチナ千秋楽。。。この時代も今日でおしまいなのね、とか感傷に浸りながら聴いてた。出来ればこの日も合唱したかったよね。

03.愛あらばIT'S ALL RIGHT
⇒そして愛あらwさっきのイントロドンが残念すぎる><亀ちゃん思い出の1曲だしこれはやってくれてありがとうですよ。1番Bメロえりりんコールは今までで最大音量だった。しかしやっぱ名曲だなこの曲は…

-MC-
ガキ<この8人でのラストのツアーってことで凄く気合が入ってて。この8人ですっごく悔しいことから、凄く嬉しいことまで一緒にやってきた仲間だっただけに。いつもはライブはホールでやってるんですけど、今日こんなに沢山の人が集まってくれて。頑張る力にもなりました、ありがとうございました!
⇒悔しいことの前のすっごくに異常に力が入ってた。確かに下り坂の時を一緒に耐えてきたメンバーなだけに色々思うことはあるんだろうな、と。

れな<おつかれいなー。すっごく返ってくるね。アリーナってことで位置とか覚えんといかんし、すっごく始まるまで不安で。でも始まったら凄く楽しくて。今日の大きい瞳も凄く盛り上がって、良い大きい瞳やったと思う。
⇒ガキさんのしんみりした空気を一瞬で切り裂くおつかれいなー流石です!wほんとにれいなは大きい瞳大好きっ子だな。

リン<モーニング娘。としての最後のライブ全力で楽しみました!皆さんのことは私死んでも忘れません!だから皆さんもリンリンのことも絶対に忘れないでね!
⇒りんりいいいいいいいいいいいいいいん!俺絶対忘れないから><

ジュン<日本に来てくれてありがとう、娘に入ってくれてありがとうって言ってくれていつも嬉しくて、皆さんはジュンジュンのこと認めてくれて、モーニング娘。の仲間に入ってくれて、本当にありがとう。これから、モーニング娘。に負けないように、もっともっと頑張りたいと思っています。みなさんもジュンジュンのこと忘れないでください。ジュンジュンもみなさん一人一人の顔しっかり覚えたからね!だから、私の宝物、こーんなにいます!
⇒宝物とか言ってもらえて光栄です><ここまでヲタやってきて忘れるわけないじゃん。。。

愛佳<明日から亀井さんとジュンジュンリンリンがいないんですよ?凄くないですか。最初卒業発表を聴いた時はあと4ヶ月もあるやんと思ってたんですけどあっという間で。愛佳強がりやから、みんなが泣いてる所泣かんとこうと思ってたんですけど…ダメですね。でも凄く楽しいライブツアーでした。今日は一日ありがとう!
⇒強がり愛佳…今日は鼻水といいボロボロだったね確かに。

亀<昨日の夜から凄いそわそわしてて。運動会の前の日みたいで。でもステージに立ったら今日しか出来ない、今の8人しか出来ないパフォーマンスが出来たと思います。本当にこの会場は愛でいっぱいに包まれていて、私の心も体も愛でいっぱいになりました。
⇒最後とばかりに推しジャン祭りな客席wいいよ今日は許すよもうw今となってはこの推しジャン祭りすら愛おしいよ。

さゆ<3人の卒業がまだなんとなくしか実感がわかない。さゆみは、今の8人に凄く自信があって、今の8人でいれることに凄く自慢に思います。横浜アリーナで出来ると聞いた時にみんなでハイタッチして喜んだよね、ホントにおっきい所で出来るっていう、8人で伝説を作れることが凄くうれしくて。ここに立った時にお客さんがいっぱいいて、モーニング娘。来てるな!って思って。来年ヤバいんじゃない?みたいな。3人は別の道を歩んで、モーニング娘は新メンバーが入って新しくなるので、不安もあったんですけど、大丈夫かな、って思えるようなライブでした!
⇒さゆちゃんモーヲタだからなあ…ヲタの感性に一番近い感想なんじゃないかな。俺も横アリで出来るって聞いた時はマジ嬉しかったもんね。チケットが取りやすいとかどうこうじゃなくて。

愛<ホントにモーニング娘。最高ですね!こんなにたくさんの人に応援してもらえて、スタッフさんにも支えてもらえて、最高のメンバーが8人もいて。この8人では最後だけど、3人が残してくれたものは大きいので、これからのこの3人の思いを受け継いでモーニング娘は進化して行きたいと思います。
⇒モーニング娘最高ですね。現体制が最高過ぎて新体制をすぐに受け入れられなさそうなぐらい。進化して行きたいとは言っても一旦はレベルダウンするからなあ…大丈夫だろうか。

04.涙ッチ
⇒ガキさんの「みんなで一緒に悔いを残さないように大声で歌いましょう!涙ッチ」の曲紹介とともに始まったこの曲。俺はもうイントロの時点で泣きそうだったけど…涙声のメンバーを見ているうちに、ヲタと一緒に歌ってるうちにどんどん泣けてきちゃってリアル涙ッチになってしまったわけで。ガキラップの後でテープが発射されてヲタ合唱のボルテージが上がった頃には泣きすぎて歌えないって事態に陥ったわけで。こんだけ涙ボロボロ流しながら歌うのなんて初めての経験なわけで。このメンバーとヲタとの一体感は忘れないさ、絶対に忘れられない。この公演でも涙ッチをラストにしてくれて本当にありがとうございました><

その後はメンバーが外周をまわって挨拶、いつも通り手をつないでばんざーい。万歳の時は思わず隣の亀ヲタと一緒にやった。
ばんざーいの後は亀井ちゃんの「亀井絵里!完全燃焼しました!みなさん本当にありがとうございました!」のあいさつで掃け。終わったのか…としばらく放心状態でいたら何故か始まるアンコール。終了アナウンス流れてますけど?wこれJCBの二の舞になるんじゃね…?とか思ってたら案の定そうなっちゃったね。マイクなしのメンバーが3人出てきてお手フリだけして終了。ハッキリ言ってここのダブルアンコールは完全に蛇足だと思うわけで。

以上、3時間を超える長時間卒コンもこれでおしまい。終演後は知り合いと飲みに行ったら案の定終電逃してえらいこっちゃになった。平日横アリは危険だな・・・
はあ…最高なライブだったけど物凄い脱力感。なんか緑サイと一緒に横アリに何か置いてきた気分。
俺が本格的に現場に行くようになった時は9人体制。小春が去年抜けたけど大枠は変わらずに今年もやってこれた。でも流石に3人の穴はでかすぎる。しかも9期が入ってきてもう娘。は完全に別物になるんだろうね。正直今までと同じ気持ちで推せるのかどうか不安で仕方ない。どうせ来年になったら現場行ってやっぱり娘最高!と言ってることを願ってこれで終わろうと思う。
最後に…亀ちゃん、ジュンジュン、リンリン。今まで本当にありがとう。。。ボンキュツアーからのこの3年半俺は現娘に出逢えて最高に幸せだったよ。絶対に絶対にこの3人のこと忘れたりなんかしないから><
別窓 | 2010秋「ライバル サバイバル」 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| ライブサンセンビボウロク | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。