ライブサンセンビボウロク

めもがわり 2009年1月~のライブ参戦備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

総括編『モーニング娘。コンサートツアー2009春~PLATINUM 9 DISCO~』

最高のリゾナントツアーが終わり次は新アルバムをひっさげての春ツアー。
このツアーからこのブログつけてるから相当内容被るけどそんなの気にしないw
プラチナツアーはどうしてもリゾナントツアーと比べちゃって最初はがっかり風味が強かったけど最終的にはおもしろかったと言えるツアーだったと思う。

【参戦公演】
2009/03/20 松戸 昼-1階26列 夜-1階9列
2009/03/21 松戸 昼-3階6列 夜-1階10列
2009/03/28 滋賀 昼-2階2RB列 夜-1階1P列
2009/03/29 福井 昼-Aゾーンた列
2009/04/04 周南 昼-1階15列 夜-1階19列
2009/04/05 小倉 昼-1階7列 夜-1階2列
2009/04/12 山梨 昼-1階19列 夜-1階19列
2009/04/19 名古屋(中京) 夜-1階17列
2009/05/10 東京 昼-1階16列 夜-1階17列

合計参戦数:16公演
春は仕事が忙しいのもあってあんまり数行けないんだよね。その分遠征が多いw
このツアーは色々思い出深い場所があるなあ。落胆の初日松戸、復活の翌日松戸、初の愛佳凱旋のびわ湖ホール、地元のダチと行ってドン引きされた福井w、さゆの地元の中学校まで見に行った周南、桜が超絶綺麗だった小倉、空席祭りすぎて絶望した山梨、糞忙しい時期の出張のついでに行った名古屋、そして忘れられない雨降ら大合唱の千秋楽東京厚生…思えば全部が印象深い公演だった気がする。

【セットリスト】
01.SONGS
02.泣いちゃうかも
OP MOVIE
03.みかん
MC
(04.笑顔YESヌード)
04.しょうがない夢追い人
05.情熱のキスを一つ (高橋新垣田中)
06.片思いの終わりに (亀井)
MC (メンバーソロ)
07.ファインエモーション (ジュンリン)
08.私の魅力に 気付かない鈍感な人 (光井 Dancer:ジュンリン)
09.弱虫 (新垣)
10.It's You (道重 Dancer:高橋亀井)
MC プラチナフォト 久住ジュン(途中かられなジュン)
11.LOVEマシーン  ~5曲メドレー~
12.恋愛レボリューション21
13.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
14.THE マンパワー!!!
15.青空がいつまでも続くような未来であれ! (リンソロアカペラ→全員)
MC リンリンの中国語講座 (亀井道重リン)
16.香水 (久住ジュン)
17.The 美学 (田中)
MC GAKI (新垣)
18.夢から醒めて (高橋)
19.Take off is now! (高橋新垣田中)
20.グルグルJUMP (久住ジュンリン)
21.HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
22.リゾナント ブルー
MC
23.ラヴ&ピィ~ス! HEROがやって来たっ。
アンコール
24.その場面でビビっちゃいけないじゃん!
MC
25.雨の降らない星では愛せないだろう?

【個別感想】
01.SONGS
⇒歴代最高とも言われるこのオープニング。照明で9人が順に照らされてくシーンは鳥肌もんでしたな。この曲はやっぱオープニングでこそ映える曲だと思う。

02.泣いちゃうかも
⇒鴨懐かしいなー。フリコピが超楽しい曲だねぇ。逆に言うとそれぐらいしか…w

OP MOVIE
⇒かわいい系のムービー。みんなお花を持ってポージング。

03.みかん
⇒ムービーから上手くつなげてみかん。DVD公演凄い盛り上がりだなw千秋楽だからかもしれないけどここまで見たDVDとは盛り上がりが1段階違うwみかんのオーイングもこのころから始まったのかな。

MC
⇒この頃からもう冒頭のメンバー紹介なかったんだなあ

(04.笑顔YESヌード)
04.しょうがない夢追い人
⇒序盤は笑顔ヌードで途中から新曲の夢追い人に差し替え。ディスコがテーマのツアーだから笑顔ヌードは絶対入る!って言われてたけどこういう形で消えるのは残念><DVDにも残ってないしね…。夢追い人は1位を取った記念すべきシングルだけど当時仕事が忙しくてあんまり関われなかったなあ…

05.情熱のキスを一つ (高橋新垣田中)
⇒椅子を使ってエロい雰囲気で踊ってた曲。とりあえずこの辺はガン見だよねw

06.片思いの終わりに (亀井)
⇒KYえりりんコール炸裂のこの曲…DVD見てもこれは酷過ぎるwホントに卒業ソングがこれじゃなくて良かったと思う。最後の最後にMCで亀に「みなさんがソロ曲じっくり聴いてくれて嬉しかった」って皮肉を言われる始末だったからねw

MC (メンバーソロ)
⇒回替わりで一人一人ソロでMCをやるってコーナー。凱旋公演では当然凱旋メンバーが喋ってた。

07.ファインエモーション (ジュンリン)
⇒うーむ全くもって印象にない。曲は悪くないはずなんだけどいかんせん盛り上がりが微妙。

08.私の魅力に 気付かない鈍感な人 (光井 Dancer:ジュンリン)
⇒鈍感覚醒来たwリゾツアーではまずまずの盛り上がりだった鈍感が異常なほどに進化したのがこのツアー。今までみっつぃ派と愛佳派で割れてたコールも滋賀凱旋公演を境に愛佳コールに統一されたのが超印象的。DVD見てると愛佳に捧げるローマーンースまで聞こえてくる勢いだなこれはw

09.弱虫 (新垣)
⇒盛り上がった空気を一気にクールダウンするガキさんソロ曲。CD版だとさゆとガキさんのコンビで歌ってる曲。さゆとのハーモニーが結構好きだったからソロでやるよりはさゆと一緒にやって欲しかったなあと。

10.It's You (道重 Dancer:高橋亀井)
⇒バックダンサーならぬバックボーカルのこの曲wダンサーがメインっていうね。しかし何でさゆソロはこんな曲なんだろう。

MC プラチナフォト 久住ジュン(途中かられなジュン)
⇒リゾコンで好評だった小春VSジュンジュンの続き…だったはずが何故か途中かられいなとジュンジュンのコーナーに。これはマジで空気読めよって感じの交代だった。

11.LOVEマシーン
⇒ここから青空までメドレー。このメドレーは何気にかなり出来が良い。またラブマかwって言いそうになったけどディスコメドレーだしこれはこれでありだと思う。

12.恋愛レボリューション21
⇒ラブマからのつなぎで恋レボ。これは綺麗なつなぎ方。この曲は流石の存在感だねえ。

13.SEXY BOY~そよ風に寄り添って~
⇒なんだこの異常な盛り上がりwDVDヲタ声でかすぎるだろwww出だしはムーディーな感じのBメロから入ってその後のイントロで一気に盛り上がるっていうね。横ひじヲイが入り出したのもこのツアーからだったねそういや。

14.THE マンパワー!!!
⇒セクボ風味なマンパ。ここでマンパが来るのは正直意外だった。案外セクボと相性が良いのねw

15.青空がいつまでも続くような未来であれ! (リンソロアカペラ→全員)
⇒このツアーひとつの見せ場リンリンソロタイム。初日はあまりのリンリンの上手さにみんな驚いたっていうね。この頃からリンリンの人気が少しずつ上がって来た…ような気がする。

MC リンリンの中国語講座 (亀井道重リン)
⇒リンリンに中国語を教えてもらってケーススタディをするっていうMC。メンバーがメンバーだけあってそこそこ面白く見れた。

16.香水 (久住ジュン)
⇒賛否両論のメロン記念日の曲。なんでメロンの曲歌う必要あんの、ってまあ俺も否定的だったんだけど。

17.The 美学 (田中)
⇒こちらも賛否両論の松浦さんの曲。なんであややの曲歌わなとあかんねんっていうwいや盛り上がったんですけどね。

MC GAKI (新垣)
⇒序盤はMCGAKIをやってたけど終盤は普通にガキさんのソロMC。ネタ切れだったのかなw

18.夢から醒めて (高橋)
⇒渾身の愛ちゃんソロ。この曲は愛ちゃんヲタからすると思い出深い1曲なんだとか。やっぱ歌上手いなあと毎回思うわけで。

19.Take off is now! (高橋新垣田中)
⇒イントロ超かっけーw後ろのVもカッコ良くてあまりフリコピせずに見るのに集中してた覚えが。

20.グルグルJUMP (久住ジュンリン)
⇒おおグルジャンが覚醒してるwwwリゾツアーからは完全に進化してるなこの盛り上がりは。そうそうプラチナコンはここからのラストスパートが死ぬほど大変だったんだった…w

21.HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~
⇒覚醒後のグルジャンの後に覚醒したHDYLJとか酷過ぎるwどんだけジャンプさせるんだよっていうセトリ。しかしこの曲もこのツアーで見事に進化したねえ。。。

22.リゾナント ブルー
⇒そんなジャンプナンバー連続の後でリゾナント。もうやめて!さゆみんのライフは0よ!っていうのをよくスレで見た気がする。今や名物のリゾナント間奏オーイングはこのツアーでは完全にモノになってるな。DVDで聴いてもぞくぞくするぜwリゾツアー千秋楽あたりで開発されたのかな?

MC
⇒盛り上がりましたねーとかの短いつなぎのMC。

23.ラヴ&ピィ~ス! HEROがやって来たっ。
⇒そんな短いインターバルでまたジャンプナンバーラブピwこれはきっついぜ。このツアーとにかくラストのラッシュが凄かった印象が強かったからなあ。

アンコール
24.その場面でビビっちゃいけないじゃん!
⇒アンコ1曲目はビビっちゃ。最初はリゾ1曲目の印象が強すぎてアンコで持ってくるのはどうなのよ?と思ってたっけな。あとは小春のバカでかい帽子かwツアーが進むごとにでかくなるっていうwwしかし見てるだけでなんか幸せな気分になるんですけど。。。

MC
⇒ほんと台本減ったなっていうラストMC。千秋楽はガキさんの名MCだったんだよね。

25.雨の降らない星では愛せないだろう?
⇒千秋楽限定でガキさんの「みなさん一緒に歌いましょう」って前置きがあってのMC。まさかここまで見事に合唱成功するとは…それまでは全然合唱とかしなかったのにね。このときの一体感といったらもう筆舌に尽くしがたいものがある。間違いなく忘れらない公演の1つだね…

【まとめ】
ソロを増やして個々の魅力を伝えようとしたツアー。グループとしてのモーニング娘。が好きな俺にとってはやっぱり評価しづらいツアーだったな。全体曲が少なすぎて寂しかったんだよね要は。それでも後半のラッシュは半端な火力じゃなかったし、鈍感やら覚醒した曲もあったりしたりで終わってみれば悪いツアーじゃなかったと思う。ソロの魅力って意味ではリンリンがあんなに歌が上手いって気づいたのはこのツアーのおかげだろうしね。とりあえずもう一回グルジャン→HDYLJの鬼コンボ体感したいなw
スポンサーサイト

別窓 | 2009春「PLATINUM 9 DISCO」 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<総括編『モーニング娘。コンサートツアー2009秋~ナインスマイル~』 | ライブサンセンビボウロク | 総括編『モーニング娘。コンサートツアー2008 秋~リゾナントLIVE~』>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ライブサンセンビボウロク |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。